天安門事件で、加害者の中共に救いの手を差し伸べた日本の政治家達

今日もお立ち寄り有難うございます。 今年は、天安門事件について欧米各国から中国政府への「人権弾圧」について批判がいつになく高まっております。 そんな中、やたらと静かなのが…日本の国会。 自民党は、中国に進出している企業への気遣いや、日本人が中…

日本の国会が共産主義思想になった

今日もお立ち寄り有難うございます。 産経新聞2019.6.8 >自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は6日付のブログで、北方領土を戦争で取り返す是非に言及した丸山穂高衆議院に対する同日の衆院本会議での糾弾決議案採択を棄権したことについて、党から厳重注意処…

中国共産党の正体は『匪賊』だった。

今日もお立ち寄り有難うございます。 今年はいつになく日本のメディアも『天安門事件』を大々的に取り上げております。 とても良い傾向ですね。 そもそも、中国共産党政府の残虐さはどこからくるのだろう… などと考えたことはないですか。 中国、朝鮮(韓国…

中国の殺し屋工作員:周恩来を礼賛する異常な人々

今日もお立ち寄り有難うございます。 今日は6月4日「天安門事件」があった日ですね。 中国共産党では、火消しに躍起になっておりますが…。 さすがに、戦後にあった事件ですので「日本軍の大虐殺」と嘘をつけませんね。 以下のような記事を読むと、「友好」に…

自然破壊のメガソーラーの設置に反対を!

今日もお立ち寄りくださいまして有難うございます。 もっと早くに記事にするつもりが、つい、今頃になってしまいました。 今日は、太古の時代から自然の宝庫である森を大切にしてきた日本に於いてあるまじき行為をしていることについて書きたいと思います。 …

ロシアがどの口で丸山氏を批判するのか!

今日もお立ち寄り有難うございます。 朝日新聞 2019.5.17 >日本維新の会の片山虎之助共同代表は17日、ロシア大使館でガルージン駐日大使と会談し、丸山穂高衆議院(維新が除名)が北方領土返還に関連して戦争に言及した問題について陳謝した。ガルージン氏…

なぜ、今頃に日本共産党員(峠三吉)の礼賛記事を載せる?

今日もお立ち寄り有難うございます。 先日に続き、怪しげな記事を見つけていましたので、今日もそのことについて書きたいと思います。 毎日新聞 2019.5.18 GHQ言論統制下の抵抗運動 反戦・反核のメッセージ描く「辻詩」関西初公開 >連合軍総司令部(GHQ)に…

なぜ、今頃になって西園寺公望の幽霊を登場させて捏造する?

今日もお立ち寄り有難うございます。 先日の「なぜ、今頃になって共産主義者(近衛文麿、細川嘉六)を礼賛する?」の記事に続き、また、奇怪な記事を見つけていましたので、その記事を取り上げたいと思います。 静岡新聞 2019.4.16 西園寺公望の晩年を小説に…

なぜ今頃になって、共産主義者(近衛文麿、細川嘉六)を礼賛する?

今日もお立ち寄り有難うございます。 今年に入って、地方新聞からさりげなく“自称反戦・平和元共産主義者”たちの宣伝記事がちらほら出るようになりました。 Webun 2019.3.27 開戦前に反戦の世論報告「泊・横浜事件」の細川嘉六 >戦争に消極的だったとされる…

独裁・中国共産党の血に塗れた歴史

今日もお立ち寄り有難うございます。 各地で大雨の被害が出ていますが、皆様のところは如何でしょうか? 被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。 さて、共産主義国になると悲惨ですね。 こんな独裁国家に親近感を抱く日本人がいることに、私には理解…

エドガー・スノー『中国の赤い星』に騙された若者

今日もお立ち寄りくださいまして有難うございます。 2019.5.11の記事【最近、中国に関わる怪しい「日本悪玉論的」なコラムが増えてきた】の記事の中で、「エドガー・スノーが書いた毛沢東の宣伝本『中国の赤い星』」が出鱈目だったことを書きましたが、もう…

やはり、村上春樹は中国の宣伝利用に使われている

今日もお立ち寄り有難うございます。 先日、文藝春秋の村上春樹のエッセイが中国で話題になっているとの記事がありましたので、今日も先日の続きを書きたいと思います。 ハフポスト 2019.5.12 【村上春樹さんが、亡き父の従軍体験を綴った「猫を捨てる」。中…

最近、中国に関わる怪しい「日本悪玉論的」なコラムが増えてきた

今日もお立ち寄り有難うございます。 産経新聞 2019年5月10日 文藝春秋のCM >猫を捨てる—村上春樹 自らのルーツを初めて綴った 父親に付いて語るときに僕の語ること ??? 「猫を捨てる?」何のこと? 不思議なタイトルで目を引きます。 ⇓ 産経新聞2019.5.…

日本の不幸はテロ野党が温存されていること

今日もお立ち寄り有難うございます。 カナダでは、野党が「対中国排除」を与党にせまっています。 日本では、本当にちゃんとした政党といえば、小さな政党の「維新の会」くらいしかないように思います。 自民党も、中国共産党に〇〇握られた政治家がいて、日…

日本共産党の「日本人民共和国憲法(草案)」

今日もお立ち寄り有難うございます。 先日の5月1日は「メーデーの日」でしたね。 昨年、日本共産党の熾烈な武装闘争「血のメーデー事件」の記事を書きました。 「血のメーデー事件」1952年5月1日 - 姥桜 宜しかったら、こちらにも目を通してください。 さて…

韓国の歴史認識は『赤旗』のプロパガンダが用いられていた。

今日もお立ち寄り有難うございます。 昨日は、第126代令和天皇の即位儀式も無事に行うことが出来て喜ばしい限りです。 さて、何やら「反天連」とかいう、過激派「日本革命的共産主義者同盟」が街角に繰り出していたようですが、この頭のオカシイ連中もいまだ…

悠仁さまを狙った猟奇的な刃物男逮捕

今日もお立ち寄り有難うございます。 悠仁さまを狙った猟奇的な刃物男が逮捕されましたね。 不思議なのは、男が、悠仁さまが学ばれている教室を知っていたこと、教室が空っぽになる時間帯を知っていたことです。 とても偶然とは思えません。内部に共犯者がい…

「北朝鮮のスパイ・韓国民主労総」が「北朝鮮工作員を徴用工」として軍艦島に送り込んで来た!

今日もお立ち寄り有難うございます。 気になるニュースが次々と入ってきて、なかなか「チュチェ思想研究会」の記事が書けないで申し訳ございません。<m(__)m> デイリー新潮 2019.4.21 >自称「軍艦島の元島民」がでっちあげた「徴用工の奴隷労働」—加藤康子 (中略)</m(__)m>…

韓国光復軍の不都合な真実

今日もお立ち寄り有難うございます。 韓国がまた日本に意味不明な内政干渉をしてきています。 聯合ニュース 2019.4.23 >韓国外交部は23日に報道官論評を発表し、「日本政府と議会のリーダーたちが侵略戦争を美化している靖国神社をまたも参拝し供物を奉納し…

韓国独立軍の不都合な真実

今日もお立ち寄り有難うございます。 昨日は、「市議会議員」の選挙がありました。 私の住む船橋市は、共産党や自治労などの力が強い(党員が多い)ので、やはり、相変わらずの結果となりました。 船橋市は競馬場や大きなショッピングモールなどがあり、また…

大韓民国臨時政府3.1運動の不都合な真実

今日もお立ち寄り有難うございます。 先ずは、「東スポ」のニュースから、 >電車の電光掲示板は日本語に加え、一定の時間ごとに英語やハングル、中国語に切り替わる車両もある。 英語ならまだしも、ハングルや中国語だけが表示されると、日本人にとってはと…

「歴史修正主義」の韓国マスコミ(呆)②

今日もお立ち寄り有難うございます。 【「歴史修正主義」の韓国マスコミ(呆)①】には、韓国マスコミが「日韓併合前」の韓国は素晴らしくて、「日韓併合」(※韓国では“植民地”と表現)されてからは、世界で最も貧しく、最も絶望的と書いてましたので、その反…

「歴史修正主義」の韓国マスコミ(呆)①

今日もお立ち寄り有難うございます。 今日も、気になっているニュースを取り上げます。 よく、韓国からは「日本は歴史を直視するべき」とか、「日本は歴史修正主義」と、何かと日本の「歴史」について批判をしてきますね。 でも、ちょっと待ってくださいよ。…

危険な日本共産党の「永住外国人の地方参政権付与法案」

今日もお立ち寄り有難うございます。 昨日の記事の続きです。 【北朝鮮の最高人民会議選 総連議長など5人当選=朝鮮新報】 昨日は「北朝鮮」の最高人民会議で在日朝鮮人(いずれも朝鮮総連幹部)5人が代議員に選出されたという記事でした。 そこで、私が問題…

北朝鮮の最高人民会議選 総連議長など5人当選=朝鮮新報

今日もお立ち寄り有難うございます。 「チュチェ思想研究会」の記事がなかなか進まないので、申し訳ございませんが、 気になるニュースが2~3溜まっていますので、忘れないうちに書いておきたいと思います。 聯合ニュース 2019.3.15 >選出された在日朝鮮…

日本の新紙幣の顔・渋沢栄一に韓国が反発

今日もお立ち寄り有難うございます。 「チュチェ思想研究会」について書くつもりでしたが、また気になるニュースを目にしてしまい、今日もそのニュースについて書いていきたいと思います。 新元号に「令和」と決まり…今度は新紙幣の顔が発表されました。 一…

日本共産党と不愉快な仲間たち

今日もお立ち寄り有難うございます。 先日の統一地方選挙で、日本人も段々と左翼の嘘に騙されなくなったんだな、という感想を持ちました。 「去勢」された日本人が、かつての素晴らしい日本人像を取り戻しつつあるのではないでしょうか。 敗戦と同時に「共産…

「徴用工問題」の陰に日本共産党と「広範な国民連合」というプロ市民の陰が

今日もお立ち寄り有難うございます。 前回の【「徴用工問題」の陰に日本共産党と「謎の市民団体」「日本教職員組合」の陰が】の続きです。 「広範な国民連合」の役員のところの続きから書いていきます。 >武者小路公秀(むしゃこうじ・きんひで) この人物…

「令和」は「朝鮮半島の歌」?…在日コリアンの「韓国起源説」がまた始まった

今日もお立ち寄り有難うございます。 今日は昨日の「つづき」ではありません。 またまた、気になる記事を見てしまったので、書かずにはいられなくなりました。 中央日報 2019.4.4 >1997年に芥川賞を受賞した在日小説家の柳美里さんは2日、ツイッターに中西…

「徴用工問題」の陰に日本共産党と「謎の市民団体」「日本教職員組合」が

今日もお立ち寄り有難うございます。 【「徴用工問題」の陰に日本共産党と中国対日工作「世界抗日戦争史実維護連合会」が】の続きになります。 日本共産党と繋がりがある中国共産党の「世界抗日戦争史実維護連合会」が、旧民主党や社民党とも繋がっていたこ…