GHQ内部に浸透した共産主義者(ソ連のスパイ)が「日本国憲法」「日本学術会議」を作った。

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

前回記事にも「日本学術会議GHQが設置した」ことを書いていますが、今日はさらに突っ込んで、そのGHQ内部について書いていきたいと思います。

 

産経新聞 令和2(2020)年10月25日

【あめりかノート】古森義久

日本学術会議GHQの影

日本学術会議をめぐる論議に関心を向けていたら、日本国憲法を起草したチャールズ・ケーディス氏の言葉を思い出した。

おかしな連想かもしれないが、両者が奇妙に重なり合うのだ。

 

 ケーディス氏といえば、日本を占領した米軍主体の連合軍総司令部GHQ)幹部の米陸軍大佐であり、日本国憲法の草案作成の実務責任者となった法律家だった。

 私は1980年代、ニューヨークで同氏に長時間、インタビューして日本国憲法作りの実情を詳しく聞いた。

 「最大の目的は日本を永久に非武装にしておくことでした」

 ケーディス氏は日本国憲法の究極の目的についての私の問いに、ためらわずに答えた。 日本をもう二度と軍事的脅威にさせないために、たとえ自国防衛という独立国家の基本的権利を抑えてでも非武装を押しつけることがGHQの意図だというのだった。

 

 日本学術会議はこのGHQ作成の占領下で設置された2年後の1949(昭和24)年だった。そしてその翌年、軍事関連の科学研究には一切、かかわらないという声明を出したのだった。ケーディス氏が明かしたGHQの当時の非武装の意向とぴたりと合致している。

 

 当時の占領軍は、独立後の日本を国家らしくない国、本来の伝統や文化を弱める国にすることを明らかに狙っていた。なにしろ日本語の表記をすべてローマ字にするという案までが真剣に考えられたほどなのだ。

 だからそんな占領下で日本学術会議が日本の元号の廃止を公式に決議したことも偶然ではないだろう。昭和、平成、令和というような年号をやめろという決議だった。

 同会議が軍事研究否定の声明発表直後の1950年5月に首相あてに「天皇統治を端的にあらわした元号は民主国家にふさわしくない」としてその後廃止を申し入れたことは、今はあまり広くしられていないようだ。

 当時の日本学術会議は亀山直人会長の名で時の吉田茂首相らに「元号廃止、西暦採用についての申し入れ」を同会議の決議として送ったのである。

 その決議には以下の記述があった。

 「法律上からみても元号を維持することは理由がない。現在の天皇がなくなれば、『昭和』の元号は自然に消滅し、その後はいかなる元号もなくなるだろう」

 「新憲法の下に天皇主権から人民主権にかわり、日本が新しく民主国家として発足した現在では元号の維持は意味がなく、民主国家の観念にもふさわしくない」

 「国民」ではなくあえて「人民」という用語を使う日本学術会議の過激な政治性は過去の話としては済まされない。同じ時期に決めた軍事研究否定の声明はその後も更新され、現在も継承されているのだ。

 今の日本学術会議のあり方の論議ではこの組織の特殊な出目や政治活動歴の検証も欠かせないだろう。

 

 しかし同会議が当初、追従した米国当局がその後まもなく日本の軍事や防衛への政策をがらりと変えてしまったことは歴史の皮肉だといえようか。

(ワシントン駐在客員特派員)

 

古森氏の記事「日本国憲法を起草したチャールズ・ケーディス氏の…」というところで、ビビッときたことがあります。

   ⇓

GHQ知られざる諜報戦】

C・A.ウィロビー著

f:id:chaonyanko2:20201027145149j:plain

>極秘内部調査の開始

 日本占領後の約三年近く、すなわち1948年ごろまではマッカーサー元帥はGSの報告にかなり忠実だったし、その打ち出す政策に沿ってことを進めてきた。正直いって、その当時のG2はあきらかにGSより弱かった。そのうえ私は政治的な面には専門家ではないから、あえて口をはさむつもりはなかった。

 GS局長のホィットニー将軍は弁護士でもあり、政治的な面に通じていた人であり、慎重にものごとを運ぶことはわかっている。

 

 だが、CIC(敵対防諜部隊)などからの報告を聞いてみると、ホィットニー将軍の部下である次長のケーディス大佐などニュー・ディーラーたちの行動には、どうにもうなずけない面があった。そこで治安・情報を担当するG2としては黙過することは適当でないと判断、それらニュー・ディーラーと称されたスタッフの調査を開始したのである。

 その各種の調査報告に基づいて作成され、マッカーサー最高司令官と参謀長に提出した文書が、次に掲げるものである。

 

<最高司令官および参謀長殿

 ㊙『総司令部への左翼主義者の浸透状況』

 

陸軍省の文官を介してGHQに左翼主義者が浸透している状況を調べたこの報告書は、目下のところ入手しうる情報に基づいて構成されたものである。ただし、これは現在調査中の左翼職員全員を網羅してはいない。

 (中略)

A・左翼主義者の浸透

 ここでは重要な事例を選んだ。というのは、彼らのほとんどが責任ある地位にある職員だからであり、彼らの存在が占領政策に影を落としていると思われるからである。

 

 彼らのうちの数人は「太平洋問題調査会」や『アラメシア』での活動を通じて、‘’極東の専門家‘’としての名声を確立してきた者たちである。

「太平洋問題調査会」は共産主義宣伝のためのはっきりした左翼フロントであり、『アラメシア』はスパイ行為と米国最高機密文書を盗んだ科(とが)で有罪とされた雑誌である。

 このグループのなかにはロシアと因縁のある者、極東における住居の疑わしい者、米国市民権を戦後取得した者などが多く混じっている。ある者は在東京の諸外国左翼系新聞特派員との密接な関係を通じて治安上の危険をかもし出しており、すでに数々の機密漏洩事件を惹き起こしている。

 

B・政策決定時の左翼の影響

(中略)

グラジャンツェフの事例はとくに典型的で、パターンどおりである。

(中略)

E・アメリカ市民権の取得。その目的とするところは兵役を回避し、非戦闘業務にまわしてもらい、軍刊行物『星条旗』に参与し、陸軍省広報部にもぐり込むことにあった。

 

F・労働運動や社会事業への参与

 

G・政府各省へ浸透。その目的と政策決定部門へ参画し、共産主義を支持するように政策をねじ曲げて、業務能率を低下・混乱させることにあった。

 

H・日本における行動としては、GHQ内にもぐり込み‘’専門家‘’あるいは‘’調査分析家‘’を自称し、GHQ占領政策に影響を与え、外国の左翼系特派員に情報を提供し、政府各機関の業務を妨害し、日本の新聞業務に左翼系および反政府的偏向分子を選択して、新聞の記事を勝手に取捨選択し、職員の私生活を中傷するニュースを意図的に流すことなどがあげられる。

  (中略)

 いまでは周知といなった第五列の利用などを伴わなかったと考えているとしたなら、それこそ間が抜けているというものである。共産主義に対するアジアの防壁としての日本の育成は、いまや危機に瀕しているといっていい。

 

 われわれは、これまでGHQ職員の中から数人の共産主義者を発見して、解雇してきた。そして、国家に対する忠誠やイデオロギーが四部五裂しているこの過渡期においては、もっとそういう連中がいると考えても決しておかしくはない。(略)

チャールズ・A・ウィロビー>

 

(中略)

 

㊙調査対象者=アンドリュー・ジョナ・グラジャンツェフ。GHQ民生局勤務

(中略)

 民生局の職について以来、彼が吉田内閣の信用を落とそうと努め、民生局内に左翼的グループを形成した主要人物であることを証明する証拠があげられている。このグループは米国の政策に反する行動をとっており、左翼系新聞特派員に機密を漏らしている。信頼できる証人の話によれば、彼は吉田内閣の厚生大臣河合良成の追放を確実たらしめるため、積極的努力を払ったという。組閣終了後の吉田首相の報告によれば、民生局次長・ケーディス大佐が河合の罷免を要求したという。

 

 ケーディス大佐は対象者の言葉をうのみにしたものと考えられる河合を辞任させよとの突然の示唆がなされた根拠は、1930年代に河合が著したものにあるとされている。河合の著作は現在ではかなり入手困難なもので、対象者はおそらく大変な努力を払って、これを意図的に探し出したのであろう。

河合は反共産主義者と知られ、彼の著書にはソ連共産主義体制に批判的な要素が多分にもられているのだ。

 

 CIS作戦部特殊活動課の調査によれば社会党左派ならびに日本共産党のなかに、公職にある保守的人物に不利な宣伝材料を探し出すことを目的としている特殊グループが存在していている。GHQの日本人職員は、このような材料を民生局が社会党共産党員から得ていると非難しているが、対象者が河合の著書を入手した経路はこのようなものであろう。

 

 対象者の筋金入りの左翼としての経歴から察するに、彼が河合追放のための材料を捜し出そうと努力した理由は、ひたすら日本の共産主義者の利益のため、吉田内閣にゆさぶりをかけることにあったことはいなめない。

 調査者によるこのような必死の試みは、吉田内閣を打倒し、日本の共産主義運動を奨励するという、ソ連の対日使節団の政策および目的に合致するものである。ソ連使節団が民生局の諸業務、とりわけ追放業務に多大な関心を抱いていることは周知の事実である。

(中略)

「太平洋問題調査会」にいる間、彼は日本および極東について数多くの論文や本を書いている。また、その著書は反日本的、親ソビエト的である。

(中略)

 ティルトン少佐は「彼と民生局で知り合うずっと以前から、彼が日本共産党の政策をよく知っているので、何となく疑いの目を持っていた」と言明した。

 このことが彼が『アカハタ』を丹念に読んでいたという事実によって説明はつくが、ティルトン少佐は同時にこうも指摘している。

 「彼は『アカハタ』の編集スタッフの連中と広い交際関係を持っている」と。

以下略

 

 

 

実は「日本国憲法」、「日本学術会議」はGHQ内に潜んでいたソ連のスパイである共産主義者が作ったものだったということですね…そしてその「日本弱体化・非武装」に加担していたのが、日本共産党と旧社会党だったということです。

ちなみに日本共産党も、旧社会党も「ソ連コミンテルン」の日本人工作員が作った政党です。

 

どおりで、日本共産党や旧社会党社民党立憲民主党)などは「9条の会」というもので「憲法を守れ!」と叫んでいるんですね。

また、「日本学術会議の推薦メンバーを全員認めろ」と強引に政府を追求しているんですね。

 

戦後70年以上も日本は日本共産党や旧社会党に操られているってことで…

なんか…釈然としない今日この頃です。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役にたちましたら幸いです。

左翼野党が騒げば騒ぐほど墓穴を掘るという昨今

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

昨日、車を運転中に日本共産党街宣車が私の前を横切りました。

日本学術会議の6人の任命拒否は菅権力の独裁…」などと、恐ろしいことがスピーカーから流れてきました。

 

日本共産党は安倍首相のことをヒトラーになぞらえていましたが、今度は菅首相ヒトラーに例えられています。

そもそも、ヒトラーよりスターリン毛沢東などの共産主義者の方が多くの人間を粛清している独裁者なんですが、日本共産党は誤魔化しするために声高に「ヒトラー=独裁者」と叫んでいるんですよね。

中国共産党北朝鮮なんぞは“現在進行形”で大量殺人、独裁をやっているのに、共産主義者って…そこのところが理解できないんですよね。

子供でも理解できることが、彼らには理解できない…。

脳みそが真っ赤に充血しているんですね。同情はしませんが…

 

安倍政権や菅政権が独裁政権ならば、日本共産党日本学術会議などはとっくに「レッドパージ」どころか、処刑台に上がらなければいけませんよね。

これだけ、権力に対して嫌がらせほうだい出来る国はむしろ“行き過ぎた民主主義”“歯止めの利かない民主主義”国家という感じではないでしょうか。

 

そもそも、「公安警察監視対象」の日本共産党日本学術会議のメンバーになり、特別国家公務員の資格を得ることこそが異常なことではないでしょうか!

 

10月24日(土)の「産経妙」に興味深いことが書かれていましたので、ご紹介いたします。

産経新聞 令和2年(2020)10月24日

産経妙

>「政府には(会員候補6人の)任命の理由を説明する責任がある」。

18日の小紙朝刊、日本学術会議大西隆元会長が主張していた。任命権者である菅義偉首相のチェックや干渉はけしからんというのであれば、なぜ民間組織への移行を図らないのか不思議でならない

 

▼これまでなじみの薄かった学術会議とは、どんな存在なのか。新聞のスクラップを見ていて、こんな報道を見つけた。「『研究者の国会』学術会議は『閉鎖的』」「登録却下の学会が公開質問状を提出」という見出しの平成9年5月19日の朝日新聞記事である

 

▼記事は学術会議の研究連絡委員会への登録申請を却下された学会が学術会議に対し、審査の過程が非公式で「却下の理由について具体的な説明がない」として、公開質問状を出したと報じる。 はて、どこかで聞いたような話ではないか

 

▼時代をさかのぼると、特定政党との関係も度々指摘されている。「『学術会議は左に偏向』自民党内に批判高まる」との昭和46年3月26日の毎日新聞の記事は、その批判内容をこう伝える。「設置の目的から本来中立であるべき同会議の会員の多くが共産党などのシンパで占められ…」

 

▼平成3年9月2日の日経新聞の記事は、学術会議誕生の経緯を記す。連合国軍総司令部GHQ)が戦後民主化政策の一環として、『学問の平和的利用』を目的に学会有志に設立を呼びかけた」。学術会議が長年、学問の自由を無視して大学の研究者による軍事研究を事実上禁じてきたのは、占領政策の継続だったのか

 

▼23日の小紙朝刊は民間の保守系シンクタンク、国家基本問題研究所による「日本学術会議は廃止せよ」との意見広告を掲載した。傾聴すべき見解だろう。

 

産経新聞 令和2年10月26日(月)

産経妙

>前略

▼(鬼滅の刃)タイトルがすべてを物語るのは、映画だけではない。

「民主主義化学者協会法律部会」という団体がある。学生時代の経験から「民主主義」という名のつく団体には近づかないようにしているが、この団体も読者のご想像通り、あの政党の強い影響化にあるとされる。

 

▼民主主義化学者協会は、終戦後間もない昭和21年に産声をあげた。左翼系科学者が集結し、「ミンカ」と呼ばれるほど占領下の学会を席巻した。ご多分に漏れず、共産党の影響力が強まるにつれ、多くの科学者が離れていき、10年ほどで解散した

 

どっこい生き残ったのが、法律部会である。「護憲運動」の先頭に立つ法律部会は、誰が見ても政治色の濃い団体にもかかわらず、日本学術会議へ改選ごとに多くのメンバーを送り込んできた

 

名簿から外された6人中、3人が同部会の幹部だそうな。会議が、国民の税金である以上、政治色があまりに強い方はご遠慮いただくのがスジだ。「真理探究への政治の介入に反対する」と宗教法人の「生長の家」は、朝日新聞に首相を諫める意見広告を出したが、反対する相手を間違えてやしませんか。

 

独裁北朝鮮が「朝鮮民主主義共和国」 ですもんね。

以前、日本共産党の応援に「民主商工会」の軽トラが出ていました。

なぜ、「民主」なんでしょうかね?

「朝鮮共産主義共和国」「共産主義商工会」と名乗れない事情でもあるのでしょうか?

 

つまり、日本共産党はまだ地下運動の「敗戦革命」を諦めてはおらず、日本の政府中枢に浸透して内部から日本を崩壊させようと目論んでいるということですね。

 

そういえば、私が広島に3年ほど住んでいた時に、わが家の前のお婆さんが「生長の家」を信仰していました。

ある日、そこの家のお爺さんが「赤旗」を購買するようにとやって来ました。

私が断ると、お爺さんは顔を真っ赤にして怒って、わが家のドアを足蹴りしたのです。

 

もしかして…「生長の家」と「日本共産党」って同類?

でも、「共産主義」は宗教を禁止していますよね?

 

戦前は、「赤色ギャング」として銀行強盗をしたり、美人局を推進したり、「リンチ共産党」「武装共産党」「暴力共産党」で日本中を震撼させていましたが、戦後も市役所を襲ったり、警察署を襲ったり、鉄道を爆破させたり、人殺しをしたりと日本中を震撼させたんですよ。

f:id:chaonyanko2:20201026144655j:plain

f:id:chaonyanko2:20201026144748j:plain

f:id:chaonyanko2:20201026144823j:plain

f:id:chaonyanko2:20201026144934g:plain

f:id:chaonyanko2:20201026145058j:plain

 

参考記事:「反戦、平和」の真っ赤な嘘 - 姥桜

参考記事:日本共産党が「関東大震災」を喜んだ理由 - 姥桜 

参考記事:日本共産党の「日本人民共和国憲法(草案)」 - 姥桜

参考記事:日本共産党は朝鮮戦争に参戦していた。 - 姥桜

参考記事:「血のメーデー事件」1952年5月1日 - 姥桜

参考記事:日本共産党の「暴力革命」がきっかけで「破防法」が出来た。 - 姥桜

 

 

 

 

そんな日本共産党が日本の政党として存続できるのが不思議で仕方ありません。

いくら「民主主義」といっても、日本を壊そうとしているテロリスト集団を自治体や国会の議員にしようとする国って…あまりにも非常識。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役にたちましたら幸いです。

 

日本学術会議は中国、北朝鮮の傀儡なのか!&GHQマッカーサーとの繋がり

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

左翼の楽園ともいえる「日本学術会議」は日本の国益を損なう組織だということが更にバレてきていますね。

学術会議会員の左翼名誉教授さんたちがネットで騒げば騒ぐほど、一般国民から見放されるという構図となっております。

 

産経新聞 令和2(2020)年10月22日

 正論

廃止しかない「日本学術会議

f:id:chaonyanko2:20201023150627j:plain

>前略

拉致問題など現実的責務を

 

 提言といえば「国政の最重要課題」とされてきた北朝鮮による拉致問題について学術会議は何か独自の調査や提言を行ったことがあるのか。

調べてみたが何も出てこない。

 ちなみに私は、教壇に立つ傍ら救う会副会長を務めており、これまでに衆参の拉致担当大臣懇談会、拉致議連総会、自民党政調部会などで意見陳述を求められ、米国の下院外交委員会で証言したこともある。

 ところが学術会議からは一度も考えを聞かれたことがない。接触してきた会員も見事ににゼロである。

 救う会会長の西岡力氏(麗澤大学客員教授)に確認したところ「あるわけない」との回答、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏(拓殖大学教授)にも聞いたが「もちろんない」との答えだった。

 

 要するに学術会議は重大な人権侵害、主権侵害である拉致に関心がない。

ところが一方で北が核、ミサイル実験を繰り返し、半島情勢を極度に緊張させた29年ににわかに動きを慌ただしくし、防衛省の技術開発に協力してはならないとする方角違いの声明を出した。

 

 いま日本に必要なのは、学術会議の姿勢とは全く逆に、拉致問題解決に真剣に取り組み、抑止力強化に資する研究を悪ではなく現実的責務と捉える研究者であり研究組織ではないだろうか。

 学術会議の側も、6人不採用が許せないというなら有志が一斉に辞表を叩きつけるくらいの気概を見せたらどうか。いずれにせよ学術会議は廃止しかない。

(しまだ よういち)

 

 

 

産経新聞 令和2(2020)年10月22日

直球&曲球

【まだやっとるんか日本学術会議問題】

f:id:chaonyanko2:20201023153129j:plain

>前略

 あのな…学者センセイ方…アンタら特別職国家公務員なんやで。

 公務員が、政治活動や組合活動ばっかり、熱心にやっとったとしたら…あの日教組とやっとること同じやん。

 反日活動やっとるヒマあったら、新型コロナの特効薬やワクチン開発でもやったらどないや?

 文系の学者も、や。

 わが国の島根県竹島は江戸時代から日本が治めとったという、もっと確たる歴史的証拠や文献、見つけたらんかえ!

 それを国際社会や、日本学術会議なんかよりよっぽど権威ある学会で発表したらんかえ!

 ほれでもって、いかに中国共産党朝鮮民族がどれほど、歴史を捏造しとるか、そしてそれを正当化するために、わが国の領土を侵略し、わが国民の財産を奪い、名誉を辱めときながら、それを日本人から指摘されると「ヘイト」だとわめく、幼稚な民族のことを、世界中に知らしめたらかえ!

 

 毎年10臆円も使うて出した結論が、日本の安全保障法制はケンポ―違反の疑いやなんて、言葉遊びにうつつをを抜かし、喜ばせてとるんは、中国共産党朝鮮民族だけやんけ。こんなん学者やのうて、反日活動家のやってることやん。アンタらがわが国の国益を損うとるだけやん。

 顔を洗うて、心を入替えて出直してこい、まっとうな研究成果もってこい!って首相は言いたかったんとちゃうか?

 

本当に驚くことばかり!

「日本人拉致問題」「少数民族迫害」「核・ミサイル開発」と中国や北朝鮮の人権無視、横暴や脅威には全く無関心という徹底ぶり!

そりゃそうだ!

学術会議の会員は上野千鶴子みたいなカール・マルクスに影響受けた全共闘の活動家がいたりするんです!

上野千鶴子 - Wikipedia

しかも、この人物は「慰安婦問題の解決をめざす会」に所属していて、韓国側(実質、中国や北朝鮮が背後にいる)の立場にいる人物ですよ!

日本学術会議という組織はこんな反日テロリストが巣くっているんですよ!

 

週刊新潮10月29日号

変見自在「笑みが消えた」高山正之

f:id:chaonyanko2:20201023155929j:plain

>前略

 米国にとって日本はカモでしかなく、あとは不可解で一括りにした。

 だから日本が強国ロシアに勝つとセオドア・ルーズベルトは日露仲介を装って日本に1㍔の賠償金も与えないように仕切った。

 唯一、与えた満州の権益もフーバーが無効にし、フランクリン・ルーズベルトは米国経済立て直しのため対日戦争を始めた。

 

 かくて「絵のように美しい日本」に爆弾の雨が降り、すべてが焼かれた。

 昭和20年8月30日、日本に進駐した米軍将兵は日本人の対応に戸惑った。 

 日本人は原爆を落とした彼らにもレガメの言う「すべての礼儀の基本」の温かい微笑みで迎えた。

 

 マッカーサーは教養がなかった。レガメとミドリガメの区別もつかなかった。

 彼は逃亡黒人奴隷のようにひたすら怯え切った日本人を予想していた。

 それで勝者の快感を味わうつもりだったのに彼らは微笑んでいた。

 なぜ笑う。

 マッカーサーはフィリピンで日本軍に追われ、屈辱の敵前逃亡を強いられた。

 一瞬、卑怯な彼を冷笑しているのかと思った。

 あるいはGHQ憲法に賛意を示した東大の宮沢俊義のように強者に媚びる卑屈な笑いなのかとも思った。

 どっちにせよ不愉快だから「曖昧な笑いをやめさせろ」と指令を出した。

 指令を徹底するため日教組を組織させ、学者にそう書かせて教科書に載せた。

 麻布小学校で担任の長瀬先生も「曖昧な笑いをやめろ」と教えていた。

 

 マッカーサーは将来にわたってそれを定着させるため、そんな学者で組織する「学術会議」を置いた。

 マッカーサーがきて目に見えない革命が起きた」と真顔で胡麻をすった宮沢が最初に選ばれた。

 日本から笑みが消え、しかめ面が増え、傘を傾けてすれ違う人が消えた。

 隣の子が朝鮮人に攫われても「憲法9条万歳」と他人ごとに言う。

 そうなったすべては学術会議のせいだと知ってほしい。

 

 

 

日本の左翼学者は日本の近代史を知らないんですね。けっこうバカ揃いだったんですね。

それもそのはず、おバカなマッカーサーによって作られた「学術会議」だったということですね。

それにしても、米国は(といっても、日本以外の国はみな嘘つきで侵略主義だった)日本をとことん貶めてきたんですね。

学術会議の皆さんは、たぶん、この歴史的事実を知らないんでしょうね。

「無知は恥なり」…日本学術会議のことではないでしょうか。

こんな恥知らずで無知な学者たちに血税を10億円も毎年出すなんて…実に腹立たしい!

 

さて、ここで紹介されたマッカーサーのことなんですが…

「日本軍に追われ、屈辱の敵前逃亡を強いられた」という部分です。

これは、先日の当ブログで「火野葦平」の小説が「焚書」にされたことを書きましたが、まさしく、マッカーサーの「屈辱」部分が書かれていたんですよ。

マッカーサーは、動けなかった部下(負傷兵の部下達)を置き去りにして、オーストラリア軍の陣地へ逃げて行ったんです!

 

GHQ焚書図書開封2 バターン、蘭印・仏印、米本土空襲計画

西尾幹二

f:id:chaonyanko2:20201020204637p:plain

>前略

 (火野葦平の小説に書かれていた部分の説明)敵の食糧不足を指摘しています。これはいったいどういうことか。(中略)そうした流れの中で、日本軍は四月九日にバターン半島を完全攻略、米極東軍司令官ウェーンライト中将は無条件降伏を申し出てきます。

 

 マッカーサーはどうしたかというと、戦局不利と見た三月中旬、コレヒドールから魚雷艇を利用してミンダナオ島へ逃げてしまった。さらにそこから、飛行機でオーストラリアへ逃走している。‘’I shall return‘’という有名な言葉を残していますが、ともかくも将軍が真っ先に逃げ出してしまったのです。フィリピンのケソン大統領もいっしょに逃げています。

 

 そのあと、いわゆる「バターン死の行進」になります。

(中略)

しかし考えてみるに、前年の十二月のマニラ陥落から四月十一日の降伏までの間に、一月、二月、三月と、長い期間があります。

この期間、米比軍は食糧不足にあえいでいたのですから、わずか百キロ余り行進させられただけで倒れてしまったのには理由があります。

 

 戦後、これは捕虜虐待だといって非難されていますが、基本的にはコヒレドールの要塞に立てこもるという「オレンジ計画」にのっとった作戦の失敗、間違い、というべきではないでしょうか。アメリカ軍は食糧不足で体力を失っていたのですからね。

以下略

 参考記事:正体バレバレの「日本学術会議」&残念なNHKドラマ「エール」 - 姥桜

 

他にも、米国の卑怯なやり方も書かれているのですが、長くなるので割愛させていただきます。

つまり、GHQ焚書は「米国に都合が悪い真実が書かれている書物」ということなんですね。

まさか、「日本学術会議」の話から、GHQ,マッカーサーと繋がっていくとは思ってもみませんでしたが、米国の日本弱体化作戦は今も左翼日本人に受け継がれてきていたわけですね。

日本学術会議」はGHQの申し子でありながら、「反米」の中国や北朝鮮の側について活動しているなんて…日本の左翼は“節操”というものがないですね!

 

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役立てれば幸いです。

正体バレバレの「日本学術会議」&残念なNHKドラマ「エール」

ご無沙汰いたしております。

多忙と体調の乱れとで、なかなか更新できないでいます。

申し訳ありません。

そんな当ブログにお立ち寄りくださいまして有難うございます。

 

菅内閣になりまして、「日本学術会議」のメンバー6人が任命されなかったと反日サヨクの皆様と反日サヨク野党の皆さんが大騒ぎをしていますね。

騒げば騒ぐほど、「日本学術会議」の正体が暴かれるという事態に唖然としています。

 

上念司氏の動画に詳しく説明されていますのでご紹介いたします。

youtu.be

関連記事:日本学術会議を共産党員支配下に置いたとされる福島要一とは?|Nathan(ねーさん)|note

 

どうりで、「赤旗」などでは菅政権に対してヒステリックな批判を繰り返していますね。

日本学術会議 任命拒否/「法律違反のオンパレード」/志位委員長が会見

 

日本共産党地方自治体などに「赤旗」を押し売りして資金稼ぎしている(日本国民の血税赤旗購入に使われている)んですよ。

その上に、「日本学術会議」までが「赤旗」購読で日本共産党に寄与していたんですよ。

日本学術会議、共産党機関紙「赤旗」を税金で購入 会議資料として配布してた|小豆畑まお|note

 

日本共産党はこんなズルい商法で「資金集め」をしていたんですね。

日本学術会議が、日本の学問の自由を脅かしてきたことも次々証言されているし…日本人の血税を「赤旗」というツールを通して日本人の血税反日サヨクに垂れ流していたんですね。

 

こんな糞会議に毎年10億円も血税が垂れ流されていたんですね。

そういえば、2018年に日本共産党シンパの山口二郎に6億円という血税が「科研費」として支給されていたことを、自民党杉田水脈議員が報告していましたね。

以来、杉田議員は反日サヨクから何かと叩かれる羽目になっていますが。

 

因みに、「反安倍」「反菅」で論陣を張っているのは、みんな日本共産党シンパです。

日本共産党創立96周年によせて|エントリー│日本共産党中央委員会

 

学術だけでなく国民全体の問題 官邸前で市民ら700人抗議集会(共同通信) - Yahoo!ニュース

   ⇑

デモをしているのは、日本共産党と総がかり実行委員会というテロリスト達なんですが、「(6人を任命しないのは)日本学術会議の独立性を侵す」と主張しています。

これには「?」ですね。

そんなに独立性を保ちたいのなら政府から血税の10億円を受け取らなければいいんですよ!

 

菅内閣は学問の自由を脅かす」と言ってますが、そう思うなら政府から10億円の資金をもらわなければいいんですよ!国家公務員の資格を拒否すればいいんですよ!民営化すればいいんですよ!日本共産党の傘下なんだから赤旗収入から遣り繰りすればいいのではないですか!

 

日本国民は日本共産党やその傘下グループに搾取されていることを自覚しましょうね!

 

 

お次は、私も大好きなNHKのドラマ「エール」のことについての感想です。

 

産経新聞 令和2年10月20日

NHKさん大嘘はダメです】

f:id:chaonyanko2:20201020153052j:plain

>実在の人物をモデルに、映画やドラマをつくるのは、実に難しい。

(中略)

NHKは、戦時中に古関が作曲した「露営の歌」や「暁に祈る」、「若鷲の歌」といった軍歌をなぜかタブー視し、長らく放送しなかった。「エール」では、この禁を破って、今ではあまり歌われなくなった「ビルマ派遣軍の歌」まで放送した。その姿勢は評価したいが、インパール作戦の最前線で再開した小学校時代の恩師が、銃撃戦で戦死する場面をドラマの山場に捉えたのは、まったくもっていただけない。

 

 古関が昭和19年に慰問のため作家の火野葦平らとビルマ(現ミャンマー)の首都ラングーンを訪問したのは事実だが、戦況悪化のため前線には行っていない。

 第一、恩師のモデルである遠藤喜美治先生は、インパール作戦で戦死していないどころか、戦後も教育現場の第一線に立たれ、昭和46年に80歳の天寿を全うされている。

 

 では、なぜNHKはこんな大嘘をついたのか。

 「軍歌の覇王」と称された古関は、終戦後まもなくから活動を再開し、「鐘のなる丘」や「長崎の鐘」、「イオマンテの夜」など戦時中と変わらぬ勢いでヒット曲を連発した。

 

 古関は自伝「鐘よ鳴り響け」で、一連の軍歌について「国民のために少しでも役に立てたことは良かったと思う」と書いている。ドラマ制作者は、「戦争協力への深い反省が、戦後の活躍につながった」という「物語」を紡ぎたかったために恩師の戦死という大嘘をついたのだろうが、歴史歪曲が過ぎる。戦時中と同じく、また嘘を垂れ流すのですか、NHKさん。

 

 

え~~~!?恩師は生きていたの!?

これは、実在する恩師「遠藤喜美先生」に対して失礼ですよ!

これこそ「人権無視」ですよ!

 

しかも、ドラマの中でGHQ民間情報教育局(CIE)」の占領政策まで放送したのに、肝心の「焚書」「墨塗り教科書」などには一切触れていないんですよ!

忠臣蔵」などもお芝居も廃止されたんですよ!

 

焚書」とは、連合軍が知られてはまずい「史実」を全て没収焼却されたことなんですが、古関氏と同行した作家の「火野葦平」氏の『バタアン半島総攻撃従軍記』もGHQによって没収され焚書となりました。この小説には真実が書かれていたんですよ…米軍の都合の悪い話が…その後、米国は自国に都合の良いように真反対の『バターン死の行軍(日本軍悪玉、米軍被害者)』に書き換えられて映画にもなっていますが。

さらに『麥と兵隊』という中国戦線についての著書もGHQによって焚書とされています。

   ⇓

GHQ焚書図書 開封2 バターン、蘭印、米本土空襲計画】

西尾 幹二著

f:id:chaonyanko2:20201020204637p:plain

 

古関氏が作曲した軍歌も戦後長らく国民から愛されて歌われていたんです!

戦後でもキャバレーなどのステージで軍歌が頻繁に歌われていましたよ。

何故だと思いますか?

当時の人々は、ソ連や米国の日本への嫌がらせを知っていたし、中国の嘘の宣伝や嫌がらせも体験していて、「自衛のための戦争」であることを知っていたからです。

「お国の為に」と戦った日本の若者がいたからこそ、今の日本があるのです!

日本が戦う前は、中国はじめほとんどのアジアは欧米列強の植民地となっていたんです!

でも、「エール」では戦後の日本では軍人や軍歌などは非難の的だったように描いていますよね。

先の大戦が間違っていたかのように描かれています。

NHK日本共産党の傘下なんでしょうか?

 

 

もう、日本は「独立国」なんですよね?

どうしていまだに占領軍のいうままになって「真実」を明かさないのでしょうか?

どうして、いまだに日本国民の頭の中は「墨塗り教科書」のままなんでしょうか?

f:id:chaonyanko2:20201020160740p:plain

 

さて、GHQが敗戦国日本にやった占領政策を今も扇動し続けている国と日本の勢力があります!

それは、「中国」と「北朝鮮、韓国」とロシア。

それに加担している政党は、日本共産党」、「社民党」、「立憲民主党です!

 

ここで皆様、お気づきだと思いますが…GHQも中国も北朝鮮も、韓国政府やロシア政府、そして日本の左翼政党も…すべて「コミンテルン(国際共産主義)・インターナショナル」の流れを継いだものなんですよ!

 

それに加担しているNHKはじめ各テレビ局や各マスコミ…

 

この事実に全く気付いていない「ノンポリ」な方々…

 

うかうかしていると、日本もそのうち韓国みたいに赤化してしまいそうな勢いですよね。

100年前の日本では、いの一番で「コミンテルンの怖ろしさ」を説いていたというのに…戦前の日本は実質的に「共産主義」と戦っていたんですよね。

 

それが…おバカなお坊ちゃま、お嬢様が「帝大」へ、「帝国政府」へと入り込んでしまい、とうとう戦争へと突入していきました。

今でも「敗戦革命」は続いているということですね。

 

最後までお読みくださいまして有難うございました。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

文在寅と故朴元淳は北朝鮮の工作員だった!そして、日本にも…

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

【なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか】

篠原常一郎×岩田温 著

f:id:chaonyanko2:20200924150006j:plain

金正恩将軍への誓詞文

篠原:そういった騒擾の中、僕の手元に文在寅とその同志たちが「南の革命戦士」代表として名を連ねる金正恩への「誓詞文」が届きました。これを韓国の学者に翻訳してもらったんですが、とんでもないものでした。以下に紹介します。

 

 文在寅、朴元淳、李石基らによる金正恩宛「忠誠誓詞」(翻訳)

 

 敬愛する金正恩将軍に謹んで捧げます。

 

 2014年6月15日は、朝鮮民主主義人民共和国の偉大な指導者でいらっしゃた故金正日国防委員長様におかせられては、南側の故金大中大統領様に親しく接見遊ばし、歴史的な北南共同宣言を発表なさってから14年になる意義深い日です。

 

 米帝国主義とその走狗の奴らの反民族、反統一謀略策動のなかでも朝鮮の尊厳と主体の革命偉業である祖国統一のために、夜昼なくずっと心血をお注ぎになられている金正恩将軍様に、将軍様を限りなく欽慕し、従う南朝鮮革命戦士の我々は尽きることのない忠誠を心を込めて金正恩将軍様の長寿永遠を謹んで祈願いたします。

 

 栄光の朝鮮労働党に限りなく忠実な南の地の革命戦士である我々は偉大な指導者金正恩将軍様に次のように固く盟誓いたします。

 

 1、歴史的な6・15北南共同宣言発表14周年を迎えて、我々南朝鮮の革命戦士は、金日成主席様と金正日国防委員長様の祖国統一遺訓を高く奉り、共和国南半部で朴槿恵傀儡徒党の自由民主義体制を叩き潰し、全朝鮮半島主体思想化を実現するのに、一命を藁のように捧げます。

 

 2、我々は、今回のセウォル号沈没事件を朴槿恵傀儡徒党を審判するための絶好な機会として最後まで闘争するでしょう。そのためにセウォル号事件に興奮した国民情緒を汎国民的反米、反政府示威に発展させるでしょう。

 

 3、我々は、国家保安法を撤廃するための持続的な闘争を通じて悪質国家情報院の機能を根源から無力化し、駐韓米軍を南半部から完全に追い払うために、決死抗戦する準備をいたします。

 

 4、我々は、6.25朝鮮戦争以後、党と首領のために、自己を犠牲にした南朝鮮の戦士たちを南朝鮮の監獄から釈放し、彼らに民主主義愛国烈士の名誉を抱かせるためにあらゆる法的努力を尽くします。

 

 5、我々は、南側政府の警察、検察など司法部と行政部に浸透し、政府の行政機能を麻痺させ、金正恩将軍様の指導と領導に従うようにいたします。

 

 6、我々は、南朝鮮の立法部である国会に進出し、14年前の今日、北南の首領が合意したように、全朝鮮半島主体思想化のための南北連邦統一法案を実現させ、将軍様の偉大な構想を実現するのに助けになる親北的法案を限りなく上程し、通過させるでしょう。

 

 7、我々は、韓総連の後身である韓大連を通じて進歩的大学生青年に主体思想将軍様の偉大性を広く宣伝し、反米反政府暴動と示威を組織、指導し、南朝鮮社会の混乱と葛藤を持続的に醸成していきます。

 

 8、我々は、全教組を通じて、南朝鮮の青少年に対するマルクスレーニン共産主義思想と金日成が創始遊ばした主体思想教育を強化し、南朝鮮の青年たちを未来に確実な将軍様の革命戦士として育てます。

 

 9、我々は、いったん有事にはまず第一に軍および警察の武器庫を襲撃し、銃を奪って南朝鮮の国軍、警察、情報機関などを襲撃し、右翼反動勢力を射殺し、金正恩将軍の挙族的な南朝鮮革命と統一戦争に合勢します。

 

 10、我々は、昔からそうであったように、栄光の朝鮮労働党と偉大な金正恩第一書記様の信ずるに値する革命戦士として名誉と自負心を胸深く刻み、いつでも主体的な祖国統一の先鋒に立つことを固く盟誓いたします。

 

 朝鮮民主主義人民共和国万歳!

 栄光の朝鮮労働党万歳!

 敬愛する最高司令官金正恩将軍万歳!

 

 <40の個人、団体が連名>

 以下、5万名の南朝鮮の革命戦士一同

 国家保安の弾圧によって南朝鮮革命戦士の名前を明らかにすることはできません。

 注・「藁のように」…簡単に生命を投げ出す、という意識を示す慣用句

   (初出:『月刊Hanada』2019年10月号)

 

 「宣誓文」の最後には、文在寅や朴元淳、李石基をはじめとする現・元職の国会議員、政府幹部職経験者、ソウル特別市の元幹部など、政官界に食い込んでいた活動家他40の個人、団体の名前が添えられています。これを僕につないだ人物によれば、託してきたのはかつての左派活動家たちのグループだそうです。

 

以下略 

※「金大中」の正体を暴いた記事:朝鮮(韓国)半島の統一に絡む利権 - 姥桜

  金大中の「太陽政策」には、朝鮮総連在日朝鮮人が深く関わっていました。

 

北朝鮮の革命戦士である文在寅や故朴元淳らを手本として「日本革命」を目論んでいる勢力を忘れてはなりませんね。

代表的なのは、東京都都知事選に立候補した「宇都宮健児」と彼を熱狂的に支持した「日本共産党」「社民党」「立憲民主党」…「総がかり実行委員会、市民団体、自治労」などの金子勝山口二郎などの極左テロリストたち。

 

韓国の革命戦士(テロリスト)たちと日本の左翼活動家(テロリスト)たちと同じ主張、行動を展開していることに注目していただきたいと思います。

沖縄で「米軍基地撤退運動」をしている勢力は、韓国で「駐韓米軍基地撤退運動」をしている勢力と繋がっています。

なぜか韓国で「反安倍デモ」が繰り返されているのも、日本の左翼活動家と繋がっている理由付けにもなります。

そもそも、なぜ韓国人が「反安倍」なんだ? 内政干渉も甚だしいし、韓国には関係のないこと。

 

参考記事:宇都宮健児が称賛したソウル市長の自殺の原因が…&宇都宮健児支持派野党の目的が… - 姥桜

 

参考記事:宇都宮健児の正体&社民党、共産党、元民主党議員たちの本性 - 姥桜

 

参考記事:しばき隊の仲間・赤い小池と北朝鮮大好きな宇都宮健児 - 姥桜

 

日本でもカルト思想の「主体思想」がかなり蔓延しているようです。

続きは次回へとさせていただきます。

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦願います。

リンクフリーの記事です。

皆様のお役に立ちましたら幸いです。

安倍首相辞任で馬脚現す極左ども④

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

最近忙しい日が続き、なかなか更新が出来ませんでした。

中途半端なブログとなり申し訳ございません。

 

さて、安倍首相の辞任を受けてメディア…特に左寄りのメディアが発狂していますね。

お陰様で、今まで隠れていた極左の姿が浮かび上がってきて、私たち一般国民にはかえって良かったような気もします。

 

先日、取り上げた立憲民主党の石垣のりこ議員の秘書が、な、なんと性暴力事件を起こした国際犯の「菅野完」だったとは!

          ⇓

デイリー新潮 2020.9.9

「体を壊す癖」で炎上の石垣のりこ議員 秘書は森友騒動の「菅野完」(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

>何が炎上するか分からぬこんな世の中。政治家たるもの、危機管理には人一倍、気をつかわねばなるまい。

 

 <大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物>

 8月28日、安倍総理の辞任表明を揶揄すつツイートで見事に炎上したのは、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員である。

 

 ネット上では次から次へと批判の嵐。ついには枝野幸男代表が謝罪する事態に発展したが、これに<どこが差別やねん>と反論したのが、著述家の菅野完氏だ。

 菅野氏といえば、森友学園の籠池理事長夫妻への取材で一躍、時の人となったジャーナリストだが、

彼は今、議員会館で石垣氏の秘書をやっているんです」(政治部記者)

 

 森友騒動以降、とんと名前を聞かなくなったと思えば、お騒がせ議員の私設秘書に。何があったのか。

以下略

 

こんな非常識なことがまかり通るわけ?

菅野完といえば、安倍政権打倒のために「森友学園問題」を創り上げた人物。

しかも、元しばき隊の菅野氏の資金の出所は「民団」。

 

参考記事:メディアのダブルスタンダード&「森友学園事件」を創作した国際強制わいせつ、詐欺犯 - 姥桜

 

で、さらに菅野容疑者は米国で交際していた女性に鼻の形を変形させたりするほどの暴行を働き裁判沙汰にもなったが公判に出廷せず、また保釈金も払わず国外逃亡をしています。

日本に帰ってきて、今度はまた別の女性に性行為を強要して逮捕されるも、東京地検は菅野氏を不起訴に。ちなみに被害に遭った女性は仕事を辞め、精神カウンセリングと治療のために病院に通い続けているとのこと。

 

石垣氏は被害に遭った女性たちと同じ女性として、菅野完をどのように観ているのでしょうか?

この極悪人を石垣議員は日本国民の血税で雇っているわけですよね?

私は石垣議員の良識を疑います!

こんな偽善者を二度と国会議員にしてはなりません。

 

また、「学歴詐称疑惑」「カンパ金着服事件」といった、反社会的な人物です。

「菅野環Wikipedia」で「あ~~なるほど、こんな繋がりがあるのか…」という部分も…

菅野完 - Wikipedia

   

>共著

   ■ 菅野完村上正邦魚住昭、横山孝平、白井聡日本会議をめぐる四つの対話』ケイアンドケイプレス、2016年12月11日。

白井聡といえば…今は時の人、朝日新聞の「反安倍記事」の論者であり、歌手の松任谷由美さん対して「死んだほうがいいと思います」と言った狂者ですね。

 参考記事:安倍首相辞任で馬脚現す極左ども③ - 姥桜

 

こんな狂暴な人物を私設秘書にする石垣のりこ議員の人間性を疑います!

 

ところで、こんな反社会的な菅野完の意見を取り上げて「安倍批判」に熱をあげる「ハーバービジネス」という、活動家たち(北朝鮮と通じている親韓国派)の機関紙があります。

この機関誌の記事はまるで「朝鮮労働党新聞」みたいにいつも極左が口汚く安倍首相批判をしています。

f:id:chaonyanko2:20200921142249p:plain

ハーバービジネス 2020.9.20

無能な独裁者・安倍晋三による「法の停止」と「遅延する力」(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース

       ⇑

極左の記事はやたらと長くて引用しきれませんので、こちらの記事を読んでいただければ幸いです。

一点、私が気になる箇所を取り上げますね。

以下の主張は、日本の「反安倍」勢力がいつも取り上げていることです。

つまり、「反安倍」勢力は「韓国擁護」をしながらも、実は「北朝鮮化した韓国」を擁護しているんですよ。

 

アジア外交については、韓国に対して一貫して強圧的にふるまい、「慰安婦合意」についても当事者にとっては受け入れがたい不十分さを持っていたにせよ、一方で日本の歴史修正主義者にとってもまた納得できないものだった。

 

 中国には領土問題などを利用して市民の敵意を煽る一方、観光客を呼び込みたいという思惑などから、中国政府に対しては「親中的」な態度を取った。

 

     ⇑

この記事を提供したのは「藤崎剛人」という極左活動家なんですが…

日本共産党 左派」の機関紙に、彼の名前が挙がっていました。

   ⇓    

f:id:chaonyanko2:20200921143743p:plain

>【声明】安倍政権に韓国敵視政策をやめることを求めます。

 2019年8月2日、日本政府は韓国を輸出キャッチオール規制の除外対象(ホワイト国)から外すという措置閣議決定しました。この措置は2019年7月に行われた半導体素材の輸出手続きの簡略化から除外とともに、韓国の大法院(最高裁)が2018年10月以降に決定した「徴用工」と呼ばれる人たちに対する賠償を日本企業に命じる一連の民事判決への報復を目的とするものであるとみなされており、日本政府の関係者も非公式にこのことを認めています。

 

1.徴用は植民地支配と結びついています

 (中略)

2.日本政府は植民地支配への賠償を拒否してきました

 (中略)

3.日本社会に、韓国への偏見がひろがっています

 (中略)

4.日本社会では植民地主義も克服されていません。

 (中略)

5.多くの知識人やマスメディアも誤りを指摘できていません

 (中略)

6.私たちはあきらめません 

 (中略)

7.日本は大きな過ちを繰り返そうとしています

 (中略)

8.私たちは要求します

 (中略)

 2019年8月

 日本にかかわりを持つ市民一同

賛同者(2019年8月15日8時20分現在 3082人)

 

「安倍政権は韓国敵視政策をやめよ」 市民がオンライン署名を開始 | 長周新聞

     ⇑

f:id:chaonyanko2:20200921145452p:plain

 

この記事はあまりにも事実誤認で「歴史修正主義」に満ち溢れています。

これは、今の韓国内の世論を代弁した内容になっていますね。

とても、日本国内の機関紙とは思えないほどの酷さです。

でも、ちょっと考えてみると今の韓国は「赤化」していることに気が付くはずです。

そんな「北朝鮮化した韓国」にシンパシーを抱く極左活動家が日本の大学で講師を務めたり、メディアに取り上げられたりすることに恐怖を感じています。

 

因みに、昨年の「ハーバービジネス」にも極左活動家の「韓国は敵なのか…」という事実をねじ曲げた偏向記事が載っていました。

f:id:chaonyanko2:20200921162527p:plain

 「和田春樹」といえば、村山富市と一緒になって「従軍慰安婦」の謝罪基金を募る団体を立ち上げた人物ですね。彼は何かと韓国で日本批判をしている人物です。

彼らの目的は「日韓の分断」ですね。

 

韓国内の北朝鮮機関紙「ハンギョレ

f:id:chaonyanko2:20200921162935p:plain

       ⇑

>ソウル市庁市長室で朴元淳ソウル市長に遭った日本の市民団体「希望連帯」の白石隆代表が挨拶を述べている

          ⇑

…となっていますが、日本の左翼団体がなぜ故朴元淳ソウル市長に会っているのか?という疑問がありますよね。

それには、「北朝鮮」がらみの事実が隠されているんです。

この話は長くなりますので、後に記事に書いていきたいと思っています。

 

そして、この日本の極左活動家も「韓国がホワイト国から外された」ことに対して、「日本の徴用工問題に対しての報復」と事実無根の話をしていますね。

これは、バカな韓国を騙して「日韓分断」を工作しているんですね。

 

因みに、「森友学園問題」に絡んできた連中は、みな「北朝鮮関係」であることに注意すべきです。

 

参考記事:韓国挺対協は「北朝鮮の工作団体」だった&森友学園問題の発端は関西生コン(朝鮮総連) - 姥桜

 

元しばき隊の菅野完も「民団」との関係が浮かび上っていますが、その「民団」も「赤化(北朝鮮化)」しています。

 

そして、それらにかかわってきた政党や政治家も、みんな「北朝鮮」と繋がっています。

 

今、欧米では「中国の工作」が入り込んで問題になっていますが、日本は「北朝鮮工作員」「北朝鮮のエージェント」が中国の工作員以上に大量に存在しているように思えます。

チュチェ思想」…かつて朝日新聞が大宣伝した北朝鮮の「主体思想」は、いまや侮れないほど日本国内に浸透しているように思えてなりません。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦願います。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

安倍首相辞任で馬脚現す極左ども③

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

安倍首相辞任会見後に出てくる出てくる雨後の筍ならぬ、雨後の極左の正体。

色々なメディアの記事を読んでいると、“繋がり”が見えてくるんですよね。

まさしく“馬脚を現す”ことになっているんです。

 

デイリー新潮 2020.9.1

朝日新聞はそんなに安倍首相が憎いのか 退陣表明翌日の“偏向社説”に違和感(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

安倍晋三(65)を好きな有権者もいれば、嫌いな有権者もいる。しかし仮にも新聞社が、安倍首相への嫌悪をむき出しにした社説を掲載したと言えばどうだろう。報道機関として公正だろうか。そんな社説を掲載したのが朝日新聞だ。

 

 問題の社説は、8月29日の朝刊に「最長政権 突然の幕へ 『安倍政治』の弊害 清算の時」という見出しと共に掲載された。電子版も無料で読むことができる。

(中略)

 日本を代表する新聞社として、第2次安倍政権の総括を求められているのは間違いない。学者は時間をかけて評価を構築するが、ジャーナリズムには即効性も求められる。

 

 朝日が社説で安倍辞任を取り上げたのは当然である。だが、その内容は冒頭から大仰だ。首相の辞職を好機として、《深く傷つけられた日本の民主主義を立て直す一歩としなければならない》と呼びかけたのだ。

 

 まずは“口角泡を飛ばす”という慣用句が——“口汚く罵る”と受けた方もおられるだろうが——ぴったりの部分をご紹介しよう。

 《野党やその支持者など、考え方の異なるものを攻撃し、自らに近いものは優遇する「敵」「味方」の分断。政策決定においては、内閣に人事権を握られた官僚の忖度(そんたく)がはびこり(略)、民主主義の土台を崩す前代未聞の事態を招いたことを忘れるわけにはいかない

 

「坊主憎けりゃ」の朝日

(中略)

 繰り返しになるが、安倍首相の政治姿勢に反対を表明したり、「何となく嫌いだ」という有権者が存在したりすることは何の問題もない。

 

(中略)

 だが、安倍首相が《民主主義の土台を崩した》というのは、どう考えても大げさだろう。安倍首相が民主的プロセスに従って国の舵取りを行ったのは間違いない。

 朝日新聞の社説は“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”の代表例と言われても仕方あるまい。

(中略)

安倍政治を不当評価

 元時事通信の記者で政治評論家の屋山太郎氏が呆れながら言う。

(中略)

「安倍首相が辞任を発表してからというもの、朝日新聞は安倍首相に批判的な人だけを取材し、批判のコメントだけを掲載しているように見えます。対象の功罪を明らかにしてこそ新聞社ではないでしょうか。朝日新聞の施政は、あまりにも偏向していると言わざるを得ません」(同)

 

以前から気になっていたのですが、極左共産主義者)は、「共産主義」を「民主主義」と勘違いしているように思います。

日米などの西側諸国は「資本主義」で、自分たちが理想とする「社会主義」こそ「民主主義」なんだと思い込んでいるのではないでしょうか。

 

日本の極左が大好きな北朝鮮は『北朝鮮民主主義共和国』が正式な名称ですが、どう考えても「民主主義」ではないですよね。

普通の人が考えると「北朝鮮独裁主義国」ですよね。

 

「《野党やその支持者など、考え方の異なるものを攻撃し、自らに近いものは優遇する「敵」「味方」の分断…》」

      ⇑

これって、自分たち極左陣営のことを言っていますよね。

つまり、「鏡」なんですね。

自分の姿を鏡で見て安倍首相を批判しているんですね。

最近、極左の愛好雑誌が増えている中で「デイリー新潮」は結構まともな記事を配信していますね。これぞ民主主義というものです。

 

で、朝日新聞が起用する“反安倍”の人物ってどんな人なんだろう?と気になりませんか?

産経新聞に関連する記事が載っていました。この記事を読んで“納得”というか“仰天”させられました!

    ⇓

産経新聞 2020.9.3

阿比留瑠比の極言御免

【朝日の安倍批判は自己紹介】

f:id:chaonyanko2:20200905142524j:plain

 朝日新聞では、こんなヘイトまみれの文章を載せることが許されるのか。朝日の言論サイトが8月30日に掲載した白井聡京都精華大学専任講師の論説「安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である」を読んでの感想である。それほど常軌を逸した内容だった。

 

白井氏は、辞任を表明した安倍晋三首相の政権が憲政史上最長となったことを「恥辱と悲しみ」と書く。

 安倍政権を多くの日本人が支持してきたことについて「耐え難い苦痛」と記し、安倍政権の支持者に「嫌悪感」を持つと表明する。

 

 さらに、隣人たちが安倍政権を支持している事実は「己の知性と論理の基準からして絶対に許容できない」と主張し、その事実に「不快感」を示す。

 

暴言学者を重用

 安倍政権憎しのあまり、攻撃対象は市井の日本人にまで及んでいる。

 紙面を汚したくないので詳述は避けるが、9月1日に朝日が掲載した論説の続きも合わせ、安倍政権に対する罵倒、呪詛、偏見の吐露と論証なき決めつけ、陰謀論のオンパレードである。こんなものを、今では誰もそう信じてはいないものの、かつて公器といわれた新聞が掲載していいのか。朝日は、これを世に問うにふさわしい内容だと思っているのだろうか。

 

 白井氏は8月29日には、安倍首相の辞任記者会見を見て切なくなったとニッポン放送のラジオ番組で発言した歌手、松任谷由美氏に対しても暴言を吐いている。白井氏は、自身のフェイスブック松任谷氏の旧姓を挙げて揶揄した。

 

 「荒井由美のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいいと思います

 

 安倍首相に共感を表すことは醜態であり、死に値するというのである。朝日は白井氏がこんな中傷発言をした後も、白井氏の論説を掲載し続けているが、社会に通用する話だろうか。

 社会通念で言えば、日本維新の会前代表大阪府知事橋下徹氏が、9月1日のツイッターで記したこの言葉の通りだろう。

 「こんな発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ」

 

 執拗な攻撃の理由

 安倍政権の通算8年8カ月は、なぜか激高したアンチ安倍派の人たちの悪口雑言を聞かされる日々だった。彼らはどうしてそこまで安倍政権が憎くて仕方がないのかと考え、ある仮説にたどり着いた。

 

 彼らは自らの内にある醜さ、汚さ、いじましさ、愚かさ、卑劣さ、弱さ…などを勝手に安倍首相に投影し、それに憤っているのだろう。安倍首相という鏡に映る己自身の姿が、許せないのではないか―。

(中略)

 むしろ、考え方の異なる相手を必要以上に攻撃してきたのは朝日自身であり、朝日が重用する白井氏であろう。辞めていく安倍首相をあくまで「敵」と位置付け、執拗にたたき続ける朝日のスタイルは、朝日が安倍首相の弊害だと批判したやり方そのものである。

 つまるところ、積年にわたる朝日の安倍首相批判はただの自己紹介だった。

 

 

驚きましたね!あの最低な白井聡朝日新聞の論壇を書いていたんですね!

 

参考記事:安倍首相辞任で馬脚を現す極左ども② - 姥桜

 

ある意味、さもありなん…と納得ですが。

魔女(朝日新聞白井聡)が「鏡よ鏡、この世で一番醜いのは誰?」と問い、鏡は「この世で一番醜いのは朝日的な極左白井聡」と答えたわけですね。

朝日新聞もなんですが、京都精華大学もこんな極左活動家を講師に立たせて学生達の将来を台なしにしていいんでしょうか?

 

ところで、朝日新聞を購読している方々は、白井氏の記事を読んで「うん、うん、その通り」と思ったのでしょうか?

朝日新聞購読」をしている人は「日本共産党員」が多い、と聞いたことがありますが、もしかして…「うんうん…」と納得しているのかも…。

 

長くなりましたが、もう一件取り上げさせていただきますね。

 

KYODO 2020.9.1

リコール署名妨害と高須院長 映画評論家らを告発(共同通信) - Yahoo!ニュース

 >愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を目指す美容外科高須クリニック」の高須克弥委員長は1日、虚偽の情報をツイッターで拡散し、リコールに向けた署名運動を妨害したとして、地方自治法違反の疑いで、映画評論家の町山智浩精神科医香山リカ氏、ジャーナリストの津田大介氏の3人を、愛知県警に刑事告発したと明らかにした。8月31日付。

 

 告訴状によると、町山氏と香山氏は、署名者らの個人情報が愛知県広報で公開されるなdと虚偽の情報を投稿。津田氏は町山氏の投稿をリツイートしたとしている。高須氏の代理人弁護士によると、県警は告発を受理したという。

 

 

町山智浩」って…立憲民主党の石垣のりこ氏を擁護した人物ですよね。

     ⇓

デイリースポーツ 2020.8.29

安倍さんに辞職を求めず石垣のり子議員に辞職を求める不思議…町山智浩氏が投稿(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

>映画評論家の町山智浩が29日、ツイッターに新規投稿。立憲民主党の石垣のり子参院議員が、持病を理由に辞任した安倍晋三首相に関して「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などとツイートしたことから批判が殺到したことに疑問を呈した。

 

 町山氏は「森友文書改ざん問題でひとり死んでいるのに安倍さんに辞職を求めず、石垣のり子議員に辞職を求める人たちの不思議」と投稿。

 

 その後の投稿で町山氏は「失言した石垣のり子議員に辞任を求める人はその前に『90才になって老後が心配とか、わけのわかんないこと言っている人がこないだテレビに出てだ。『オイ、いつまで生きているつもりだよ』と思いながら見てました』などと発言した麻生太郎議員を辞職させてください」とツイートした。

 

 麻生氏は2016年6月18日、北海道小樽市で開かれた自民党の集会で同様の発言をした。

 

 町山氏はさらに別の投稿で「失言で石垣のり子議員に辞任を求める人はその前に『(終末医療について)さっさと死ねるようにしてもらうとか、考えないといけない』『(延命医療について)その金が政府のお金でやってもらっているなんて思うと、ますます寝覚めが悪い』と述べた麻生太郎議員を辞任させてください」とした。

 

 麻生氏は13年1月12日の社会保障制度改革国民会議で同様の発言をした。

 

それを言うなら「森友改ざん」で1人死んでいる…小沢一郎なんぞは何人も不審死してるよ。しかも、安倍首相が直接関係していないことだしね。

追及するなら、「財務省」を追求すべき。

 

町山氏は“次元の違い”が分かっていない。

安倍首相の持病は「難病」に指定されているもので、石垣のり子氏の言うように「精神論」で何とかなるものではない。

石垣のり子議員の「精神論」や「癖」で病気を断じるのは、世界中で病気で苦しんでいる人をさらに傷つけ苦しめることになる。

 

確かに麻生氏は失言が多いけど、「90才から老後が心配」という人は、むしろ楽観的で幸せな人。麻生氏の揶揄する言葉はたしかに適正ではないかもしれないけど、「笑い」を取る程度の話。

そして、「延命治療」については、これは世界的に見ても、今は「自分の命は自分が決める」という「尊厳死」の考え方も広まっています。

日本の中でも「家族に迷惑をかけたくない…」「これ以上苦しみたくない、辛すぎる」という事から「尊厳死を望む人が9割」という統計もあります。

 

たしかに麻生氏の言葉『(終末期医療について)さっさと死ねるようにしてもらうとか、考えないといけない』というのは、無神経な感じがしますが、これらのことは日本人みんなが真剣になって考えないといけないことだと思います。

 

「痛み」と「苦しみ」の時間を長くするのか?

それとも「早く痛みと苦しみ」から解放してあげるのか?

 

本人と家族の思いを考える医療があってもいいのではないでしょうか。

 

さて、このように「反安倍」擁護で必死な町田氏ですが、この町田氏は日本に住んでいないようですよ。

Wikipediaでみると、「アメリカ合衆国在住の編集者、映画評論家、コラムニスト…」だそうで、在日韓国人1世の父親と、日本人の母親との間に生まれ、両親が離婚後、日本に帰化したと書かれています。

 察するに、町山氏の父親は朝鮮戦争前後に日本に渡ってきたことが想像できます。

この頃の在日韓国人も「密航」が多かったのですが、町山氏の父親はどのようにして日本に渡ってきたのでしょうか?

 

アメリカに在住しながらも、日本の極左と関係しているのが、何か異質なものを感じています。

それにしても訴えられたのが「町山智浩」と「津田大介」と「香山リカ」なのが笑えます。

香山リカって…自分が精神科に通った方が良いような気がします。

 

結局、極左の連中って「孤独」なんでしょうね。

自分達と同じ考えの人で回りを固めて…マスターベーション(自己満足を得るための行為)してるような感じです。

「反安倍」が彼らの拠り所だったのでしょう。

安倍晋三首相に対して「脊髄反射」起こしてきた人たちの、これからが楽しみですね。

 

 最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。

皆様のお役に立ちましたら幸いです。