マイノリティー(DSユダヤ社会)に分断された米国

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

今、米国で起こっていることは「対岸の火事」では済みません。

今日の米国は、明日の日本でもあると言えるのではないでしょうか。

 

先ずは、産経新聞 令和3(2021)1月17日の寄稿記事を紹介致します。

f:id:chaonyanko2:20210120154402j:plain

【マイノリティー重視に潜む打算と矛盾】

 同志社大学ロースクール嘱託講師:村上正俊

 

 20日に就任する新バイデン新大統領はこれまでに政権幹部人事を相次いで発表している。

(中略)

 その人事全般に込められたものはマイノリティー重視というメッセージである。

(中略)

 バイデン氏は、自らの内閣が米国史上初めて男女同数となり非白人が過半数を占めることを誇っている現代の米国は、さまざまなマイノリティーが社会的なポジションや権利を求めて政治的な運動を繰り広げるアイデンティティー・ポリティックス」の時代にあり、近年の米国民主党は、それを後押ししてきた。バイデン政権も、その延長線上に誕生したとみることもできるだろう。

 

 ただ、歴史を紐解けば、民主党のマイノリティー重視は、結党当初からあったものではない。

以下略

 

村上氏の寄稿の続きも大変重要なものですが、ここでは割愛させて頂きます。

 

民主党を支えているのは、いわゆる米国社会では「移民:マイノリティー」という人たちですー

その「マイノリティー」の中にはアフリカン、アジア系、ヒスパニック…など多くの人種の人々がいますね。

そして、今や米国は白人社会ではなく多民族国家となっています。

 

そう聞くと、米国民主党のマイノリティー重視は現代社会に適ったものだと感じる方も多いのではないでしょうか?

しかし、物事はそう簡単に済まされないものがあります。

 

なぜなら、移民には「国家感、愛国精神」と「米国社会の歴史や文化」に愛着がなく、居住する国家が平和で繁栄していくことに無頓着だからです。

己の権力と金儲けしか頭にないマイノリティーが考えることは…

 

そもそもマイノリティーは正義だとどうして言えるのでしょうか?

マイノリティーは常に善人なのでしょうか?

マイノリティーの犯罪は免罪されるのでしょうか? 

これは神様の前ではっきりと「平等」だといえるのでしょうか?

「差別だ」といえば免罪される構図は誰が作ったのでしょうか?

 

そう、それはマイノリティー側から発していることですね。

 

マイノリティーが「弱者」だという決めつけはおかしくありませんか。

そもそも移住できたというのは、その国が受け入れてくれたわけで、むしろ感謝すべきことではないでしょうか(アフリカンは奴隷制度です)。

それを「差別」といって「ルサンチマン」を抱くことこそが間違っていることだと思います。

「マイノリティー重視」こそが、社会の分断を招くのです。

 

日本でも、在日(マイノリティー)の人たちが「差別」という言葉を使って日本社会を批判していますが、ここは日本であり、日本人のための国です。 これに同情する「有用な馬鹿」と、普通の日本人たちの間を「分断」させているのです。

彼ら(有用な馬鹿の左翼)は、在日の人たちを煽って(利用して)、日本国内の「分断」をはかっているのです。

 

有用な馬鹿左翼は「外国人参政権」を提唱していますよね。

これって、早い話が「ユダヤに乗っ取られた米国」と同じ路線ですよ。

特定アジアの留学生や在留している数がどんどん増えています。

また、不法在留者も増えています。

そして、酷い犯罪が増えて日本国民は怯えながらも何も声を上げられません。

これは、米国の「黒人暴動」と同じ仕組みですね。

犯罪者の取り締まりも「差別」になってしまうんですよ!

トランプ氏の「不法移民」の取り締まり(国境に壁を作った)も、米国のマイノリティーは「差別」と訴えてデモをする。

えっ! 「不法移民」は犯罪なのでは? 取り締まるのは当たり前のことなんですよ。

中小の企業は、「安い賃金で文句が言えない不法移民」を雇用しますよね。

つまり、米国市民の雇用が失われているんですよ。

合法的に移民してきた人たちの仕事も奪われるんですよ。

そうなったら、先住民の白人層や合法的に移住してきた人たちの不満を招くことになります。

これこそが「分断」ですよね。

 

犯罪も増えます。米国市民の財産と命は誰が守ってくれるんですか?

これは日本にも言えたことです。

 

 私は今まで「ユダヤ」の方々に同情をしてきました。

参考記事:悪質なキャプション「ヒトラー安倍による恐怖政治」? - 姥桜

 

でも、今回の他の移民(マイノリティー)達を騙し利用し、また、独裁者のごとく世界中の人々の言論の自由を奪った強者のマイノリティー(DS:ユダヤ)に対して憤りを禁じ得ません。

 

「ナバロ報告書の第二巻」には…

 民主党を支援する主要な政治工作には、ウォールストリートの支配者(oligarch)であるジョージソロス、シリコンバレーの支配者でフェイスブックのCEOであるマークザッカ―バーグ、元ヒラリークリントン・キャンペーンの顧問弁護士であり、正式に選出された大統領(訳注:2016の選挙で選出されたトランプ大統領)を倒すためにフージョンGPS(訳注:ロシア疑惑の「スティール文書」作成を依頼したワシントンの調査会社)とロシアでっち上げ話(the Russia Hoax)の立案者資金調達者の一人であるとされるマークエリアリスが含まれていた…以下略

 

また毒女ヒラリーが関与していたんですね…。

アメリカのメディア、司法、金融街、IT産業…主要なところはすべてユダヤ人が支配しています。

フェイスブックのCEOであるマークザッカ―バーグも、ウォールストリートの支配者のジョージソロスもユダヤ人、もしくはその血統を引き継いでいます。

ユダヤ人だからいけないというのではなく、不正を重ねて人々への言論弾圧や醜い工作、社会を不安に陥れていることが許せないんです!

そして、CNNのようなメディアが彼らの犯罪を幇助しているんです。

 

人間として…最低です!

 

共産党宣言」をしたマルクスユダヤ人ですから…とも思いたくないのですが、今の米国内のユダヤ人たちがやっていることを思うと…とても同情する気にはなりません。

米国のメディアはトランプ氏が「アメリカ社会を分断した」「バイデンは融和と共調を取り戻す」と言ってますが、全く真逆ですよね。

ここまで嘘のことを書き立たてて米国民を騙しているんですから、米国のメディアは「ウソコメディア」と呼称した方がいいのではないでしょうか。

それにしても、人間としても良心の欠片もないですね。

 

 

ユダヤ社会に支配された米国を詳しく説明された動画を紹介します。

2018年の「林原チャンネル」です。

元全権大使の馬渕睦夫氏が分かりやすく解説してくださっています。

          ⇓

www.youtube.com

 

さて、認知症疑惑の高齢なバイデン政権は、DSを沢山起用するようです。

www.youtube.com

 

DSの操り人形がいつまでダンスを続けられるのか見物ですね。

 

最後までお読みくださいまして有難うございました。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

やはり不正はあった! ナバロ報告書

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

色々情報が錯そうする中、どれが真実なのか迷いますね。

でも、私は米国の大統領選挙には大掛かりな不正があったと確信しています。

 

参考記事:米国大統領選挙の大掛かりな不正疑惑 - 姥桜

          ⇑

不正選挙を暴いた動画が二つ消えています。これはYouTubeの検閲に引っかかったのかな?こうして私達は真実から遠ざけられるのでしょうか…。

 

YouTubeが消えた(消された)原因がわかりました。

      ⇓

www.youtube.com

YouTubeは「言論の自由」を全世界の人たちから奪ってしまいました。

私たちは今、共産主義の世界に引き摺り込まれているのでしょうか…。

 

私が愛読している産経新聞でさえ、「不正の証拠がない」というような内容の記事が目立ちます。

なので、もう、日本のマスコミは全て話半分で見るようにしています。

 

国際政治学者の藤井厳喜氏の動画もYouTube側からバンされそうです!

www.youtube.com

本当に怖い時代になってきました。

 

篠原常一郎氏の動画は一筋の希望です。

「ナバロレポート」を紹介してくれています。

www.youtube.com

 

「ナバロレポート(翻訳)」の内容のアドレスを貼っておきますね。

長い文章ですので、こちらを読んでくださればと思います。

       ⇓

ナバロ報告書の翻訳

 

しかし、民主党議員や支持者、不正に携わった人たちには「良心」というものがないんですね。

日本の左翼の人たちのように、毛沢東の「造反有理」の思想が根付いていて共産革命のためなら悪魔的なことをしても許されると信じているのかもしれませんね。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

ヒラリー・クリントンはなぜ逮捕されない?

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

米国のIT企業のことについて知りたくて、色々動画などを観ていたら、ヒラリーの怖ろしい正体を知ることとなりました。(◎_◎;)

 

深田萌絵さんの動画です。

www.youtube.com

ヒラリーがIT企業にトランプ支持者の監視、追跡を要求していたとのことです。

しかし、IT企業にヒラリーが命令できる立場にあるのですか?

IT企業とヒラリーはどういった繋がりがあるのでしょうか?

 

ヒラリーは米国では女帝なんでしょうか?

ヒラリーの冷酷さを知り身震いしました。

 

前回のブログで、私は、ヒラリーは異常な性癖の夫となぜ離婚しないのか?と書きました。

このくらい冷酷で激しい性格のヒラリーがなぜ夫のビル・クリントンと別れないのかを知る動画を見つけましたのでご紹介します。

 

クリスタルさんの動画です。

www.youtube.com

タイトルのまんま、「驚愕の履歴書」です!

ヒラリーが、異常な性癖を持ったビル・クリントンと離婚しない理由が分かりました!

なんと! ヒラリーは夫の幼馴染と20年間も不適切な関係(浮気・愛人関係)だったのです!

しかも…夫が大統領になった時に夫の側近に浮気相手を起用していたというのです。

そして、ヒラリーの悪事がバレると…ヒラリーの愛人は非常に不自然な形で遺体となって発見されました。

 

また、ヒラリーは中国共産党人民解放軍の顧問弁護士も務めており、莫大なお金がヒラリーのもとに入ってきていたということです。

そして、ここで更に怖ろしいことに、クリントン夫妻の周りの人たち47人もが不審な死を遂げていたということです。

 

そういえば、前回の記事で「エプスタイン事件」のことを書きましたが、エプスタインのプライベートな島にビル・クリントンが何度も通っていたことが明らかになっています。

未成年の少女たちを性的に虐待していたエプスタインは監獄で自殺したということになっていますが、実はエプスタインの自殺にも不自然な点がいくつもあったということです。

 

河添恵子さんの動画です。

www.youtube.com

 中国共産党と深い関係にある人物は何をやっても、マスコミが守ってくれるんですよ。

でも、報道されない前に警察も深入りしない…

日本でも小沢一郎に司直の手が伸びると秘書たちが不自然な死に方をしたんです。

中共伝書鳩鳩山由紀夫の政治資金の不正が発覚した時も、秘書が自殺しましたよね。

 

 中国共産党とかかわっている人物のまわりの人は不自然な死を遂げるんです。

というか、クリントン夫妻の悪事に加担した人々、追及しようとした人々は次々に消されているんです。

 

藤井厳喜氏の動画です。

www.youtube.com

 クリントン夫妻の闇は相当深いですよ。

しかし、なぜこのことを米国のメディアも日本のメディアも報道しないのでしょうか?

また、FBIも動かないのでしょうか?

 

 

あっ、小沢一郎が沖縄にリゾート地を購入していたことが週刊誌に載ったことがありますが、エプスタインのプライベート島に通っていたビル・ゲイツがなぜか広大に農地を買い漁っているようです。

 

カナダ人ニュースさんの動画です。

www.youtube.com

ビル・ゲイツも人民日報で中国を持ちあげていましたからね。

ビル・ゲイツ氏の人民日報への寄稿が、ネットで話題に--人民網日本語版--人民日報

ビル・ゲイツ氏、武漢市民の多大なる貢献に感謝示す--人民網日本語版--人民日報

 ビル・ゲイツ氏 「中国ウイルス」と呼ぶべきでない--人民網日本語版--人民日報

 

中国共産党とズブズブの小沢一郎ビル・ゲイツはどこか似ていますね。

 

中国共産党ソ連みたいに崩壊した時には、中国共産党の協力者の実名が続々と出てくるかもしれませんね。

 

読売新聞 平成19年(2007)9月3日7

f:id:chaonyanko2:20210117075913j:plain

オバマ、ヒラリーや民主党議員はなぜ逮捕されなかったのでしょうか?

ちなみに、読売新聞の報道もテレビなどでは一切報道されていません。

さらに、この記事には中国の工作機関「世界抗日戦争史実維護連合会」からマイク・ホンダ等に多額の献金があったことも書いています。

この時期から「従軍慰安婦問題」が活発化し、TBSの「サンデーモーニング」でもマイク・ホンダが登場して日本政府を追求していましたね。

司会者の関口宏が「従軍慰安婦は事実あったことだから、日本政府は補償すべきだ」と言っていたのには驚きました。

「事実あった…」って、関口宏は何を根拠に「事実」と断定しているのか?と不信感を持ちました。

 

従軍慰安婦問題」を世界にばら撒いている影の勢力は「中国共産党」ですから、TBSも中国共産党との取引があったんでしょうかね?

それとも、TBSも中国共産党日本共産党の「統一戦線」に参加しているのでしょうか?

参考記事:クルド人デモを扇動したのは中共だった&韓国挺対協の黒幕は戸塚悦朗弁護士(中共の犬)だった - 姥桜

 

 

中国共産党が崩壊した時が楽しみです。 ワクワク♪

 

ところで、ヒラリーは病気?もしかして薬物中毒?奇行が目立ちますよね。

www.youtube.com

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。

フジテレビNYの偏向報道が酷過ぎる!

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

日本のフジテレビNY放送の偏向報道があまりにも酷過ぎるので驚いております!

先ずは下記のフジテレビNY放送をご覧ください。

米国で起った政治家やハリウッドスター、財界人の人身売買、未成年者への性的暴力の実態を報道しているわけですが、なぜか関係のないトランプ氏の名前を出してトランプ氏に汚名を被せて報道しています!

www.youtube.com

 

この未成年者への性暴力、乱交パーティの舞台となった「エプスタイン島」に複数回通っていたクリントン夫妻やビル・ゲイツ、アンドルー王子、ハリウッドスターのトム・ハンクスなどのことを伏せています。

他にも、オバマ前大統領もこの島に行っていたという情報もあります。

 

しかし、なぜ、フジテレビNYではトランプ大統領が関わっているかのような報道をしているのでしょうか? これって名誉棄損にならないのかしらね?

 

 

私は「リトル セントジェームズ島」と検索していたら、下記のブログに行き当たりま

した。かなり詳細に書かれていましたので、ご紹介いたします。

「リトル セント ジェームズ島」とは「エプスタイン島」のことだったんですね。

       ⇓

【報道されないエプスタイン 島の秘密 】触れてはいけない裏世界の謎と都市伝説を徹底解説・考察! | mafeeblog

mafeeblog.com

     ⇑

民主党ビル・クリントンは現場を写真に撮られているわけですから、言い訳は通じませんよね!過去にもロシアの女性工作員とオフィスで卑猥なことをしていてバラされたことがありますよね。

ヒラリーがなぜ離婚しないのか?不思議ですね。ヒラリーも性的異常な夫と別れられない事情を抱えているのかもしれませんが。

 

ビル・ゲイツが中国の人民日報などで中共をやたらと持ちあげた記事を目にしたことがありますが、もしかしたら、エプスタイン島でのことで中共に〇〇握られていたのかもしれませんね。

ビル・ゲイツ氏の人民日報への寄稿が、ネットで話題に--人民網日本語版--人民日報

ビル・ゲイツ氏、武漢市民の多大なる貢献に感謝示す--人民網日本語版--人民日報

ビル・ゲイツ氏 「中国ウイルス」と呼ぶべきでない--人民網日本語版--人民日報

 

バイデンの息子も小児性愛のビデオが撮られていたわけですから、中共に〇〇握られているということですよ。

ところで、バイデン息子とレディガガ?が裸で写っている写真があるようなのですが…

しかも画像ではレディガガ?は鼻から何か煙みたいなものを吸っているのですが、大麻か何かなのでしょうか?

バイデンの息子とレディーガガの流出画像!下半身スキャンダルまとめ | BOKUTABI

boku-tabi.com

      ⇑

 これが事実なら、レディガガがバイデン氏の応援していた理由が理解できるわ。

 

しかし、皆様も不思議に思いませんか?どうして日本のフジテレビがこのような偏向報道でトランプ氏を陥れようとしているのかを。

フジテレビも中共のカネで買収されているのでしょうか?

 

 

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

ペロシ、ローマ教皇の逮捕は誤報だった&モンスター化したIT大手

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

どうやら、ペロシローマ教皇の逮捕は誤報だったようですね。

月刊中国】からの動画です。

www.youtube.com

 

現地も相当混乱しているのでしょうね。情報が混乱しているのだと思います。

私も、つい、誤報に惑わされてしまいました。申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます。<m(__)m>

 

さて、いよいよ米国が「自由、民主主義の国」ではなくなりました!

産経新聞 令和3年(2021)1月13日の記事に『米右派SNS停止』『パーラー(を) アマゾンが排除』『IT大手の検閲』『遅すぎる』というタイトルで記事が載っていました。

 

トランプ氏の支持者に人気のSNS「パーラー」をアマゾンが使用できなくしてしまいました。

これで、トランプ氏やその支持者たちはツイッターフェイスブック、アマゾン、全ての交流サイトから締め出された形となりましたね。

YouTubeもトランプ陣営や支持する人たちの締め出しを行っています。

 

不思議ですね。イランのテロ組織や、民主党陣営の方のアカウントはそのままだというのに、トランプ陣営だけが検閲され言論封鎖されて排除されているんですよね。

以前から問題にされていたことですが、ビックテックが政府を監視、検閲し、排除するのは異常なことですよ。

マスメディアもそうですが、米大統領のトランプ氏の演説をカットしたり、報道しなかったりと…これはもうテロが起きているとしか言いようがありません。

 

大紀元」もYouTubeから一時締め出されましたね。復帰して嬉しいです。

でも、YouTubeは日本の保守の動画も検閲して排除していますよね。

www.youtube.com

 

妙佛さんの動画です。

www.youtube.com

妙佛さんのお話は、私のような素人でもわかりやすく説明してくださるので助かります。

 

今、アメリカで起きていることは決して「対岸の火事」で済まされるものではありませんね。日本の保守系ユーチューバーの方たちも検閲され排除されています。

一番の同盟国のアメリカが「社会主義共産主義)国」になると、日本はどうしたらいいのでしょうか?

日本もすでに中国共産党の計画通りに進んでいるのです。

 

私は、日本の民主党政権が誕生した時と、今のアメリカの状況とよく似ていると思います。

テレビのワイドショーでは自民党批判ばかりで、民主党に票が入るように誘導していましたね。

それ以前の「椿事件」で自民党が大敗し、隠れコミンテルン社会党政権が誕生しました(かつての社会党委員長の鈴木茂三郎は「アメリ共産党日本人部」の党員で、日本に共産主義を広めるために帰国しました。世界の共産党はすべてコミンテルンです)が、何度か日本でも左翼メディアによって、中国に都合の良い政権に交代してます。

 

 

米国にも「中国共産党 日本解放第二期工作要綱」があったのかもしれませんね。

日本解放第二期工作要綱

田中角栄内閣の誕生は、中国共産党のたゆまない工作からです。

今回のバイデン政権誕生も、中国共産党のたゆまない工作からでしょうね(※まだバイデン政権発足とは決定していませんが)。

例えば、「米国解放工作要綱」なんてものがあっても不思議ではありませんね…。

 

産経新聞の記事に戻りますが、ドイツのメルケル首相やフランスのルメール経済・財務相も、今回の米国の巨大IT企業の検閲、言論封鎖を批判しています。

日本政府は、モンスター化した巨大IT企業にどう対処するのでしょうか?

 

何も言えないかもしれませんね。

 

テレ朝の番組で池上彰さんの情報ですが、日本政府がアマゾンの子会社「AWS」のクラウドサービスを採用するようです。

これって…日本政府が米国の「パーラー」みたいな立場になるってことかな?

新たなバイデン政権の社会主義政策について、日本政府は何も言えなくなるってことになりませんか?

 

なかなか明るい情報が入ってきませんね…

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦下さいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

いよいよ米国で大捕り物が始まった模様⁉

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

※1月17日に追伸:どうやら、ペロシローマ教皇などの逮捕の情報はガセだったようです。

私もあさはかにも一時信じてしまいました。冷静に考えればよく分かることだったんですけどね。

間違った情報を記事にしてしまいました。お詫び申し上げます。<m(__)m>

 

チャンネル桜 北海道」さんの動画です。

www.youtube.com

なんと、あのカルト宗教団体「統一教会」がアメリカに進出しているそうです!

怖いですね。

 

それから「北海道新聞」は左系だとは知っていましたが、ここまで中国共産党に毒されていたとは…末期症状ですね。こうなると、カルト宗教とたいして変わらないですね。

左右関係なく、ガセ情報には気を付けましょう!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて、いよいよ米国の売国奴や海外の協力者の逮捕劇が始まったようです。

張陽氏の動画です。

www.youtube.com

 

日本の土井たか子級の人物:ナンシー・ペロシ民主党)が逮捕されたとの情報があったのですが、どうやら逃亡している模様です。

この人物は、中国のセックス工作員の方芳と仲良く並んで写真を撮っていたマイク・ホンダ民主党)とも縁が深いですよね。

 

そう、「アメリカ合衆国下院121号」を発令して日本に従軍慰安婦問題の謝罪と賠償を求めた条例です。

早く捕まって軍事法廷で裁かれるといいですね。

 

悪女、鬼女ともいえるヒラリー・クリントンも、オバマ夫人も逮捕される模様。

 

極めつけは、バチカンローマ教皇の逮捕ですね。

2019年の訪日の際に、ローマ教皇の中国愛溢れる言葉に「???」と不気味なものを感じました。

産経新聞2019.11.25

f:id:chaonyanko2:20210111113725j:plain

神に仕える人物が、中国によるチベット人ウイグル人虐殺、臓器売買、香港や台湾への圧力を完全に無視しているのです!

 

参考記事:僭越ながら申し上げます。 - 姥桜

 

バチカンから、米国の大統領選の不正行為(トランプ票がバイデン票にすり替えられた)を操作していたようです。

 

張陽氏の動画で、すべてのカラクリが分かってきました。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

中国共産党の米国への攻撃は「不正選挙」ということですね。

これは、血を流さない戦争ということではないでしょうか。

「戦争」といえば、誰もが銃や核兵器などの使用を想像しますが、「血を流さない戦争(情報戦)」もあるということですね。

中国では「孫氏の兵法」というのが有名ですが、現在の中国でも「孫氏の兵法」を実践しているということです。

 

中国の兵法は「マスメディアが世論をつくる」ということで、世界中のマスメディアにカネをバラまいて中国のプロパガンダを流させているんです。

実際、日本では「米国の大統領選に不正が行われてた」という報道はしませんね。

むしろ、「トランプはわがままで居座る気だ」「トランプは差別者で暴力的」などとフェイクニュースを垂れ流しています。

トランプ氏を追い落として一番喜ぶのは中国ですよね。

つまり、日本のマスゴミ(糞マスメディア)は中国共産党の宣伝機関になっているんですよ!

とくにNHKなんかは、日本国民から視聴料を取っているんだから詐欺と同じですよ!

 

一日も早く「人類の敵:中国共産党」が潰れますようにと祈っています。

そして、日本国内にいる共産主義者も駆逐できますようにと祈っています。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。

自由主義のアメリカでツイッター社が言論弾圧!

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

今日は昨日の記事の続きのようなものです。

アメリカのツイッター社がトランプ氏のアカウントを永久凍結したというニュースが流れました。

信じられないことですね。自由の国アメリカで個人(トランプ氏)攻撃のためにアカウントを凍結するなんて…

 

明らかにツイッター社の「言論統制」「言論弾圧」だといえますね。

ツイッター社の精神はロシア、中国や北朝鮮、韓国みたいに成り下がっていますね。

「自由の国、民主主義の国」のアメリカが「共産主義の国」になってきています。

www.youtube.com

 

日本では公安監視対象の日本共産党の政治参加やプロパガンダ発信まで容認されているのに…(これは、ある意味皮肉ではございますが…)

日本最大のテロ組織の中核派革マル派自治労日教組朝鮮総連、民団までもが自由にデモや政府転覆のために活動をしていますし、メディアに登場してプロパガンダ発信しています(これも皮肉でございますが…)。

 

国際政治学者の藤井厳喜氏の動画です。

ぜひ、皆様にも見て頂きたいと思います。すでにアメリカは共産主義国家に足を踏み入れていますね。

www.youtube.com

 

戦前、日本は何と戦っていたのか?

日本共産党が「弾圧された」と言っていますが、実は「特高」は日本顚覆を策略していた「コミンテルン日本支部日本共産党)」の取り締まりをしていたわけです。

つまり、日本の特高は日本の共産化を阻止するために頑張っていてくれたんですね。

 

もう10年以上前から大紀元では共産主義の恐怖を訴えた動画を発信していますが、新しいシリーズを見つけましたのご紹介します。もう、すでにご存じの方もおられると思いますが、まだ知らない方もおられると思います。

できれば拡散して、日本中の人に真実を知って欲しいと思います。

www.youtube.com

 

さて、オーストラリアからの警告本で『Silent invasion』クライブ・ハミルトン著を読まれた方は多いのではないかと思いますが、内容を読むにつれ、何か日本国内の話か?と感じますね。

「中国人留学生、研究生の大量受け入れ」「各大学の孔子学園」「中国人の大量移民」「中国資本による土地買い占め」等々…それって日本のことじゃん!と苦笑いしました。

 トランプ氏はすぐ様「孔子学園」や中国人工作員などを排除することをしましたね。

 

中国が世界中でこのような「浸透工作」が出来るのは潤沢な資金によるものです。

その資金は、つまりが強欲でマヌケな米国企業や日本企業が中国へ進出して中国人民を低賃金で働かせて荒稼ぎしていたからです。

 今、オーストラリアではそのことに気が付き、中国の嫌がらせや恫喝に屈しないで頑張っています。

 

 でも、日本政府は…いまだに中国人のビジネス往来を許可したり…

コロナの「緊急事態宣言」も、2月7日までというけれど、中国の春節は2月11日頃からで、もしかしたらその頃に中国人観光客が日本に殺到することだって考えられるわけですよね。去年と同じ徹を踏むのはやめて欲しいです。

 

 日本では中国はコロナ禍から脱したニュースばかりを流していますが、実は、いま、中国もコロナが蔓延しているんです。しかも「イギリスの変異種」や「南アフリカの変異種」も含まれているそうですよ。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 米国のマスメディアも日本のマスメディアも真から腐っていますね。

みんな、チャイナのハニートラップにかかっているんじゃないでしょうね?

www.youtube.com

                  ⇑

上記の動画の最後の画面が見物ですよ!

中国のセックス工作員の方芳と満面の笑顔で仲良く写真に写っているのは、なんと「従軍慰安婦問題」で日本を追求しているマイク・ホンダという民主党議員ではありませんか!マイク・ホンダも方芳と良い仲になった感じですね。

 

それにしても、中国のセックス工作員中共のための「従中共慰安婦」といえるのではないでしょうか。

でも、この写真からみると「慰安婦にさせられた」というより、自ら喜んでこの世界に飛び込んだという感じですね。

 

それにしても、菅政権がこの事実を知らないってことはないよね?

一階でもない、三階でもない親中派の重鎮さんは、日本国民の命と己の身の安全とどちらを重視しているのでしょうか?

 

本当になにもかも信じられない世の中になってきましたね。

最後までお付き合いくださいまして有難うございます。

誤字脱字がございましたらご容赦くださいませ。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立ちましたら幸いです。