日本人左翼と韓国人のメンタルを支えているのは「捏造歴史」と「反日」

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

韓国の「徴用工問題」で、多くの日本人が韓国人に不信感を抱いたのではないでしょうか?

彼らの訴えている「従軍慰安婦問題」「旭日旗」「竹島問題」は、すべて「徴用工問題」と同じメンタルからきていますね。

 

元々「従軍慰安婦」なんてなかったし、「戦犯旗」として日本の「旭日旗」を批判していますが、そもそも旭日旗を「戦犯旗」「侵略の象徴」と云われる理由もありません。

大東亜戦争の時代は、韓国も「日本国」だったんですよ。

つまり、日本が「戦犯国」というのなら、韓国人も「戦犯国」の国民だったということですね。

 

ましてや、韓国は日本軍によって侵略されたのか?

韓国軍と日本軍はいつ戦ったのか?

と、突っ込んで聞いてみたいものです。

反日のためなら、何でもいいから「屁理屈」「嘘、誤魔化し」「こじつけ」で騒ぎだす韓国人。

 

竹島は韓国領」と言いながら、わざわざ国会議員が総出で竹島に上陸してマンセーを繰り返している(呆)。

何のために?

そんなパフォーマンスが必要なの?

竹島問題」も、日本が敗戦で軍隊が解散させられていた時代に、李承晩が日本の漁師を殺害してまでして、侵略してきました。

「盗人猛々しい」とは韓国人のことですね。

 

こんな、非常識な国に、日本はずっと援助してきたわけです。

 

今日は数ある中から、「従軍慰安婦」について書きたいと思います。

この問題は、皆様もご存じ、「朝日新聞の捏造記事」から始まりました。

朝日新聞植村隆記者は、この度、保守論客を名誉棄損で訴えていた裁判で負けましたね。弁護団日本共産党社民党と縁がある中山武敏や福島瑞穂の夫の海渡雄一氏だったそうですね。

 

植村氏の妻は韓国人で、その母親は韓国で詐欺師と認定された「太平洋戦争犠牲者遺族会」の幹部の梁順任(ヤン・スニム)です。

現在、植村氏は元朝日新聞社記者で「南京大虐殺」の与太話を生み出した在日朝鮮人本多勝一が主宰していた『週刊金曜日』の社長となっています。

 

植村氏は韓国の「金学順」を例に出して記事にしましたが、「慰安婦」とされる女性たちの証言に食い違い(年齢と時代背景が一致しないなど)があり、日本の世論から疑問視されていました。

 

そもそも、当時の「慰安婦」達は日本人の方が多かったわけです。

日本女性は、「恥じらい」というものがあって、一人も名乗りでませんが、韓国人女性はお金の為なら嘘も平気で、むしろ恥ずかしい部分を平気でさらけ出すんですね。

 

この点においても、100年前に英国婦人イザベラ・バード女史が『朝鮮紀行』の中に書いてある通り、朝鮮人女性は「粗野で礼儀知らず」「日本人女性のしとやかさ」を持っていないし、「節度や親切さ」もない。

 

代表的なのは…

産経新聞より

f:id:chaonyanko2:20181110152210j:plainトランプ米国大統領にハグする李容洙〇〇婦

 

聯合ニュース 2018.3.8

慰安婦被害者がパリ訪問 ユネスコ前で1人でも実施へ】

f:id:chaonyanko2:20181110152533j:plain

 

ハンギョレ 2018.8.16

慰安婦被害者イ・ヨンスさん「私が200歳まで生きて…」光復節の水曜集会】

f:id:chaonyanko2:20181110152903j:plain

200歳まで生きられるなんて…妖怪ですね。

それにしてもこの〇〇婦さん、よくも恥ずかしげもなく、人前で堂々と嘘の証言をすることができるものですね(呆)。

 

在日韓国、朝鮮人団体はじめ、日本共産党社会党議員たちもこぞって、日本政府を攻撃しました。

 

朝鮮新報(朝鮮総連機関紙)2007.3.2

国会議員、市民団体ら参院議員会館で集会「慰安婦」解決促進法、早期制定を】

f:id:chaonyanko2:20181110153726j:plain

>米下院のマイク・ホンダ議員をはじめとする与野党議員が1月31日、第二次世界大戦中の日本軍「慰安婦」と関連、日本当局の責任認定と日本首相に公式謝罪を求める「従軍慰安婦決議案」を提出した。

 

>米議会での公聴会で証言した李容洙さん(78)は2月21日、参院議員会館で行われた「米国下院で証言された被害者とともに『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を求める緊急集会」(呼びかけ=「戦時性的強制被害者問題促進法案」(以下「促進法案」)の立法を求める連絡会議、「慰安婦」問題の立法解決を求める会)に参加し米下院で行った証言についての報告を行った。

 

 李さんは1944年、15歳のときに日本軍によって連行され、「慰安婦」を強要された。92年、「慰安婦」被害であることを南朝鮮当局に申告した。その後、日本をはじめとする各国で証言活動をしている。

 

 集会には、李さんをはじめ、郡和子(衆)、岡崎トミ子(参)、円より子(参)、千葉景子(参)、江田五月(参)、那谷屋正義(参、以上民主党)、福島みずほ(参、社会民主党)、吉川春子(参、日本共産党)議員などの国会議員と、「慰安婦」問題の立法解決を求める会の土屋公献会長をはじめとする日本の市民メンバーらが参加した。

以下略

 

因みに、この李容洙も証言がコロコロと変わり、年齢も時代的背景も無茶苦茶です。

朝鮮総連の機関紙(朝鮮新報)から、悪意ある仲間たちの繋がりが見えてきましたね。

 

土屋公献会長とは、

読売新聞 2007.6.16

土屋弁護士「人権派」「人いい」評も】

f:id:chaonyanko2:20181110160529j:plain

f:id:chaonyanko2:20181110160709j:plain

朝鮮総連代理人土屋公献弁護士(84)は日弁連の中でも「人権派」として知られ、94年に会長となった。

 

 95年3月にオウム真理教による地下鉄サリン事件発生、緒方氏が長官だった公安調査庁は、教団への破壊活動防止法に向けて動いていた。

これに対し、「将来に大きな禍根を残すと反対した日弁連の先頭に立ったのが、会長の土屋弁護士だった。

 

 96年に会長退任後は、旧日本軍の731部隊細菌戦被害を巡る国家賠償請求訴訟の弁護団となるなど、戦後補償問題にも取り取り組んだ。

以下略

 

「旧日本軍の731部隊細菌戦訴訟」は、マイク・ホンダ議員と関係のある中国共産党傘下の反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」が起こしている裁判です。

f:id:chaonyanko2:20181110164342j:plain

f:id:chaonyanko2:20181110164435j:plain

f:id:chaonyanko2:20181110164534j:plain

f:id:chaonyanko2:20181110164617j:plain

従軍慰安婦」の裁判でも戸塚氏は名前が出ていました。

f:id:chaonyanko2:20181110164832j:plain

f:id:chaonyanko2:20181110165021p:plain

社会党(民主、民進党)の議員は全員、中国や南北朝鮮の工作員と見て間違いありませんね。

しかし、この売国奴を国会に送り出しているのは、日本の有権者ではあるのですが…

f:id:chaonyanko2:20181110165348j:plain

 

f:id:chaonyanko2:20181110164228j:plain

この他の訴訟にも、朝鮮総連の顧問弁護士である(故)土屋公献氏が訴訟側代理人となっていました。

 

 

不思議なことに、日本では中国、韓国、北朝鮮側に立った人物はみ~んな「人権派」「いい人」と云われるんですよ。

端的にいえば、「反日派」は、みんな「人権派」ということですね。

日本のマスコミって…「自虐的」な頭をしているんでしょうか?

 

 

民団しんぶん (2007.3.14)

f:id:chaonyanko2:20181110141845j:plain

>旧日本軍の従軍慰安婦問題に関して、米国の日系マイク・ホンダ議員が「日本軍によって性奴隷にされた従軍慰安婦らに対し、日本政府はその責任を明確に認め、首相が公式謝罪を行うべきだ」とする決議案を1月末に米下院に提出した。

 

 この動きに対して安倍首相が1日、「軍の強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実」と発言。ニューヨークタイムズは6日付け社説で「安倍首相はなぜ謝罪を拒否するのか。日本の議会は率直に謝罪し、公式の賠償をすべきだ」と指摘した。

 

 安倍首相は慰安婦への「おわびと反省を盛り込んだ「河野談話」(93年8月)について「強制性を裏付けるものはなかったのは事実だ」と述べ、同談話を「踏襲する」とした昨年の10月の韓日首脳会談での確認などの見直しともとれる発言を行った。東アジア外交重視の姿勢を鮮明にした安倍首相に期待していただけに、今回の発言は極めて遺憾である。本団は過去を踏まえた韓日関係拡大へ日本政府の真摯な取り組みを求めるものである。

 

民団は、韓国政府から資金をもらっているせいか、まるで「韓国政府の代弁者」みたいな言い方ですね。

内政干渉も甚だしいですね。

そんなに日本が嫌いだったら、自国に帰ったらいいのにと思います。

 

そもそも、日韓の問題をなぜ米国の議会が口出しするのか?ということですね。

しかも、マイク・ホンダ中国共産党の対日工作団体『世界抗日戦争史実維護連合会』と深い関係のある人物ですよ。

 

読売新聞 2007.3.16

【なぜ今「慰安婦問題」】

中国・韓国系住民 影響強める

f:id:chaonyanko2:20181110144410j:plain

f:id:chaonyanko2:20181110144712j:plain

>今回の決議案を提出したカリフォルニア州選出のマイク・ホンダ議員(65)(民主党)は日系3世。

 

>見逃せないのは、ホンダ議員の選挙区事情だ。シリコンバレーに位置するカリフォルニア15区は、64万人の人口中、アジア系は29%。 特に中国系や韓国系住民が急増しており、中国系の人口は、減少傾向にある日系人の5倍にも上る。

 

> この地域には、著名な中国系反日団体である「世界抗日戦争史実維護(保護)連合会」の本部があり、ホンダ議員は政治資金を含め、団体の全面支援を受ける。

同連合会は一昨年、日本の国連安保理常任理事国入りに反対する署名活動の口火を切ったところで、今回の決議案も推進している。

 

さて…今年もサンフランシスコで「慰安婦祭り」が行われました。

産経新聞 2018.9.23

サンフランシスコの慰安婦設置1年で主導団体が集会「日本は謝罪しろ」などとシュプレヒコール

f:id:chaonyanko2:20181110163048j:plain

 

 

もう、韓国から10億円を返してもらったらいかがでしょうか?

日本国民の血税を、こんなチンピラ〇〇婦たちにくれてやっていいんですか?

f:id:chaonyanko2:20181110163515p:plain

 

最後までお付き合いくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

徴用工の未払い賃金は、韓国政府、朝鮮総連、日本共産党に請求せよ!

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

中国の「臓器狩りビジネス」について書くつもりでしたが、緊急で韓国の元徴用工への未払い賃金の判決がありましたので、今回は未払い賃金について書きたいと思います。

 

韓国の徴用工の未払い賃金は、すでに1965年の「日韓請求権協定」によって、日本から5億ドル(現在価格4兆5千億円相当で韓国は経済成長をし、「漢江の奇跡」と云われた)が支払われました。この時に「元徴用工の未払い賃金」についても、韓国が個人ではなく国が受け取りました。

これで「完全かつ最終的に解決された」となっています。

 

廬武鉉政権も「日韓協定締結の外交文書に「元徴用工の個人請求消滅」を明らかにしております。

 

産経新聞 2018.11.3 【産経妙】

f:id:chaonyanko2:20181103181755p:plain

>安倍首相は、国家総動員法に基づく動員には募集と官斡旋と徴用があったことと、裁判の原告4人はいずれも募集に応じた者であることを説明した。

 

韓国側は“日本による朝鮮半島統治時代に「強制労働させられた」として、元徴用工の韓国人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めました。

原告の韓国人4人は、「自ら募集に応じて労働に従事」したわけです。

ここで、韓国人の「嘘」がはっきりしているのですが、私にはどうしても納得いかないことがあります。

 

朝鮮総連金賛汀

f:id:chaonyanko2:20181103183032p:plain

>戦後に誕生した朝鮮人団体

 最初に朝連の活動を支えた資金は親日団体「一心会」が集めた金であった。一心会は、太平洋戦争の末期、米軍の空襲が激しくなってきた時期、日本の戦争勝利のため日本軍航空隊の地下飛行場を埼玉県高麗神社近くに建設しようと結成された在日朝鮮人の対日戦争協力団体である。 その地下飛行場建設のために在日同胞からあつめた募金が総額で約600万円あった。 現在の貨幣価値に換算するとざっと数十億円になる。

 

 日本の敗戦時、建設会社に支払った着工手付金などの450万円を差し引いても約150万円が残っていた。 これを結成されたばかりの朝連が没収し活動資金としたのである。

 さらに朝連結成後には親日派、対日協力者の粛清をちらつかせ、それらの人士から多額の寄付金を獲得し、その総額は1945年から46年までに2500万円にもなったと言われている。

 

 その後、資金源には、他にも朝鮮奨学会に残っていた奨学金などもあったが、最大の財源になったのは帰還していく強制労働者の未払い賃金等であった

 1946年末までに朝連中央労働部長名で強制連行者を雇用していた日本の各企業に未払い賃金の請求が出された。 その請求額は4366万円に達し、朝連はかなりの)金額を企業から徴収し、それらのほとんどは強制連行者の手には渡らず朝連の活動資金に廻された。

 

 これらの豊富な資金は日本共産党再建資金としても使用された。

1945年10月10日、連合国最高司令官・米国太平洋陸軍司令官総司令部(GHQ)は府中刑務所に収容されていた徳田球一、金天海(キムヨネ)ら16名の共産主義者などを釈放した。

 彼らを府中刑務所門前で出迎えたのは日本の各地からトラックに分乗して集まってきた数百人の朝鮮人だった。

 皆口々に「マンセー朝鮮語の万歳。戦前、この言葉は日本の治安当局により使用禁止になっていた)」を叫び、赤旗を振って彼らの釈放を熱狂的に祝った。

 

 釈放者の中に戦前から日本で活動していた朝鮮人共産主義者金天海がいたから、多くの朝鮮人が府中まで出迎えに行ったのであるが、日本共産党が戦前、日本で唯一朝鮮の植民地支配に反対した日本の政党であることを知っていた在日朝鮮人の感謝の表れでもあった。 以下略

 

f:id:chaonyanko2:20181103213228j:plain

【金天海 Wikipedia】より

f:id:chaonyanko2:20181103213410p:plain

 「親日派」の朝鮮人が多数いたということは、けっして「強制的で残忍な植民地支配ではなかった」ということですね。

実際、日本は朝鮮に学校をつくり、インフラ整備をし、文明的な暮らしを与えていたんですから。

 

 著者は元朝鮮総連の幹部だったということもあり、頭の中が「北朝鮮」そのままであったということで反日がすり込まれた人物ですが、「日本の各企業は、すでに元徴用工の未払い賃金を支払っていた」「各企業から集めたお金は元徴用工に渡っていなかった」「元徴用工の賃金は朝連(現:朝鮮総連)と日本共産党が使った」ということは、間違いない事実だということですね。

 

在日朝鮮人日本共産党の関係については「『血のメーデー事件』1952年5月1日」「赤い悪魔(大韓民国臨時政府)が来りて笛を吹く」を参照してください。 

 

 しかも、1965年の「日韓請求権協定」で元徴用工の未払い賃金として日本政府から韓国政府に渡されていたんです。

 

 それが、今回、元徴用工達が個人で訴訟していて、韓国の最高裁は日本企業に支払いを求めているわけですね。

 確かに元徴用工の方たちには不満があるでしょうが、そもそも彼らも当時は「日本国民」だったわけで、日本人も同様に辛い体験をしているわけで、朝鮮人だけ差別したわけではありません。

 しかも、不満を抱く相手を間違っています。

今後、同様の訴訟を起こすとしたら「韓国政府」「朝鮮総連」「日本共産党」に対して訴訟すべきです。

 

日本は今まで韓国、韓国人を甘やかし過ぎたのではありませんか?

「歴史に学ぶ」ことをしましょうよ。

 

【第二十二回国会衆議院 法務委員会議録第二十三号】

昭和三十年六月十八日

f:id:chaonyanko2:20181103193310j:plain

>小泉政府委員

…こちらは国際的ないわゆる紳士としての態度をもって韓国に接してましても、韓国の方は紳士的でないとは申しませんが、御承知の通り李承晩ライン、その他漁船の拿捕の問題、こちらから、密航した者を密航したという確証をあげて韓国に申し入れしましても、その送還を容易に受け付けない、こちらからは向こうから出てきた者を受け入れっぱなし、不法入国であろうが何であろうが、返すことができないで、大村収容所にはますます人員がふえていく。

 

 それをみな国費で、国民の血税で養ってやらなければならない、その取扱いについても、きわめて懇切丁寧にしなければ、人権じゅうりんというような問題まで起きてくる。

 

 これを大まかにに考えますと、一体日本のためにやらなければならないのか、日本国民の血税の犠牲において、韓国人をまず第一義として大事にしてあげなければならないのかというようなところまで、考え方によっては行く問題であると私は思うのであります。 以下略

 

約62年前の議事録です。

日本がまだ敗戦から立ち直るのに必死でいた最中に、韓国人は日本の寄生虫となっていたのです(当時、不法入国韓国人約60万人)。

「日本が国際的ないわゆる紳士的な対応」をしても、韓国人には通じません。

今では、密入国をしてきたのに、「強制連行された」と言ってます。

「強制連行された」のなら、なぜ、いまだに帰国しないんだ?と突っ込みたくなりますが、すぐに「ヘイトスピーチ」「排外主義」と被害者的反論してくるので、もう、何も言えませんが…

韓国人と日本人の間は昔と全く変わっていないんですね。

日本政府には、歴史に学んだ対応をお願い致します。

 

神戸大学経済経営研究所 新聞文庫

やまと新聞 1912/6/21-1912/7/4

朝鮮半島見聞録(一~十) 雲客外史】

f:id:chaonyanko2:20181103195815j:plain

>(二) 火事ドロ的根性

 新開地丈ありて、溌刺たる英気に富むは、人を快心を覚えしむ、然れども往々火事ドロ的根性を懐くものあって、一攫千金を夢む、濡れ手にして、粟をつかみ得べくんば、天下之より幸なしと雖も、総督政治布かれて、既に三星霜、之より漸く秩序の時代に入る、須らく斯かる□則なる希望を捨て、着実にして脱線的ならざる計画を樹てては如何、観光中、種々なる実例を聞きたれど、当たり触りの出来んことを恐れて、暫く預かり置かんも、斯かる根性の消え失せざる限り、朝鮮の開発は、未だ遠しと云わざる可らず。

 

韓国(朝鮮)人は「濡れ手に粟」「一攫千金」で、「火事場泥棒的根性」を持っているので、文明の開発は無理ということなんでしょうか?

冬季オリンピックで米国の記者が言ってた通りで、「韓国の発展は日本の統治のお陰」であって、日本の統治がなければ、韓国は現在も「世界で一番未開発の国」のままだったんでしょうね。

 

冬季オリンピックでの米国記者が発言した内容は「米NBC『韓国にとって発展過程で日本が重要な発展モデルになった』-韓国反発」を参考にして下さい。

 

今後は、絶対に韓国を甘やかしてはなりませんね。

韓国は「捨ておけ」です。

日本人は「韓国疲れ」を起こしているのではないかと思います。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

中国の国家的猟奇的犯罪「臓器狩りビジネス」

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

だいぶ間が空いてしまい申し訳ございません。

「中国の臓器狩り」についての続編です。

 

産経新聞2018.10.12

ウイグル強制収容 正当化】

【中国、新条例で「再教育施設」】

f:id:chaonyanko2:20181023144052j:plain

中国当局は11日までに、ウイグル族などを強制収容しているとされる再教育施設をめぐって、その目的を「過激主義の影響を受けた人物の教育転化」と明記した改正条例を可決した。 以下略

 

中国の「再教育施設」というのは、「労改」という施設だと思います。

ウイグル族を過激主義と言う前に…中国では毛沢東時代からすでに「再教育施設」と称して、シナ人民、チベット人などを「再教育施設」へ強制的に収容して、強制労働させて虐待していたのです。

中国はいつも、子ども騙しの言い訳をしますね。

 

 

共産主義黒書 犯罪・テロル・抑圧〈コミンテルンアジア篇〉】

ステファヌ・クルトワ、ジャン=ルイ・パネ、ジャン=ルイ・マルゴラン著

f:id:chaonyanko2:20181023145110j:plain

第二部 アジアの共産主義―「再教育」と虐殺のあいだ

(前略)

>1950年代の(中国とベトナムの)粛清や中国の大躍進研究はまだほとんど手つかずなのが現状だ。今なお権力の座にある体制の、基盤そのものの再検討を迫るようなリスクがあるかもしれない。中国西部の、最も広大で最も多くの死者を出した収容所郡で起こったことは、ほとんど知られていない。

 

共産主義黒書 ―犯罪・テロル・抑圧―〈コミンテルン・アジア篇〉】より

f:id:chaonyanko2:20181023151016p:plain

中華人民共和国内の労働収容所

※数字は省別の収容所数を示す

 

f:id:chaonyanko2:20181023151340j:plain

 

>多少なりとも信頼できる収支計算が存在しないにもかかわらず、確実な推定によると、600万人から1000万人の直接的な犠牲者を挙げざるをえない。

これには数十万人にのぼるチベット人が含まれている。

さらに、何千万人もの「反革命者」が人生の長い時期を監獄制度のなかで送り、そこで命を落とした者はおそらく2000万から4300万人にのぼる「過剰な死者」が出た。

 

この数字は、毛沢東という一人の男の常軌を逸した企図からのみ生じた飢餓、この破滅的事態に対策を講ずることを受け入れさえすれば自分の誤りを認めることになったろうに、それさえも拒んだ犯罪的な彼の頑なさから生じた飢餓の犠牲者のことであった。

 

その数を考慮に入れるなら、答えはなお一層イエスとなろう。

最後に、チベット人がこうむったジェノサイドと呼んでもいい被害の規模を考えるなら、答えは断然イエスである。

 

中国による占領の結果、「世界の屋根」〘チベット・ヒマラヤ地方〙の住民が、おそらく10人に1人から5人に1人の割合で殺されたのだ。

1989年6月の天安門広場での虐殺(おそらく約1000人の死者にのぼる)〘最近の研究では、広場自体では死者は出なかったとされる〙について、近い過去の経験に照らせばまことに取るに足らないことだ、と指摘した鄧小平のあけすけに驚いて見せた態度は、期せずして正反対の事実を告白するものであった。  以下略

 

さて、天安門事件の失態を隠すために、江沢民は日本の天皇訪中という形で「天皇の政治利用」をしたんですね。

江沢民の要請に応えたのが、何を隠そう「金竹小」と呼ばれた、当時の自民党を牛耳っていた政治家だったんです。

そう…小沢一郎

 

そして、習近平の要請に応えて再度「天皇の政治利用」をしたのが、民主党政権時代の小沢一郎なんです。

 

中国の大虐殺を支えてきた江沢民ですが、彼は「法輪功学習者」の弾圧をしてきた人物でもあります。

ここから「臓器狩りビジネス」が生まれたと記憶しています。

 

つまり、小沢一郎は「法輪功学習者の臓器狩り」をした江沢民と「ウイグル族臓器狩り」をしている習近平を助け、「日本国天皇の政治利用」をしたわけです。

 

日本共産党 赤旗しんぶん

日本共産党不破哲三議長は、江沢民中国共産党総書記・国家主席と、八月二十ハチ日、北京市中南海で首脳会談をおこないました。】

f:id:chaonyanko2:20181023155106j:plain

 

日本共産党が中国の悪魔:江沢民と交わした約束事(中国からの指令)は…

f:id:chaonyanko2:20181023155736j:plain

一、日本は、過去の侵略戦争についてきびしく反省する。

二、日本は、国際関係のなかで「一つの中国」の立場を堅持する。

三、日本と中国は、互いに侵さず、平和共存の関係を守り抜く。

四、日本と中国は、どんな問題も、平和的な話し合いによって解決する。

五、日本と中国は、アジアと世界の平和のために協力し合う。

 

もうね、突っ込みどころ満載の「中国からの日本共産党への指令」なんですが、ここではあえて「五」の「日本と中国は、アジアと世界の平和のために協力し合う」のところを取り上げたいと思います。

 

さあ! アジアは「平和」なんでしょうか?

法輪功学習者」「チベット族」「ウイグル族」…因みに「満州族」は中国人に吸収されてしまいました。

 

「平和」が大好きな日本共産党はなぜ、中国の「人権弾圧」に何も言えないのでしょうか?

コミンテルン仲間で100年以上の付き合いがあり、「敗戦革命」で日本をアメリカと戦わせた仲間ではありませんか。

中国共産党日本共産党は今でも共に「ジャパンパッシング」をしている仲間ではありませんか。

 

そんな深い関係にありながら、なぜ中国国内で残酷な人権弾圧があるというのに、ダンマリを決め込んでいるのでしょうか?

ん?日本共産党は「戦争」以外は興味がないって?

考えたら日本共産党って、「日本国民の安全、平和」のための政治をしていないですよね。

日本共産党って、「中国共産党のための政治」しかやってませんよね。

 

日本のマスメディアも、どうして中国共産党の「人権弾圧」をもっと報道しないのでしょうかね?

 

さて…

日本国内の世論が「中国の人権弾圧(国家の犯罪)」に優しいことを良いことに…

中国の猟奇的ともいえる犯罪は進んでいるのです。

 

大紀元 2017.12.15

中国当局、新疆で1900万人のDNA採集「無料の全民検診」実施】

f:id:chaonyanko2:20181023161608j:plain

中国当局新疆ウイグル自治区で住民からDNAなど生体データーを採集している。国際NGO人権組織「ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch)」は13日、このような大規模な強制収集は国際人権規約を踏みにじるものだと批判した。

 

 当局に「全民検診」と呼ばれたこの無料のプロジェクトは、12歳から65歳までの住民を対象にDNAや血液のサンプル、指紋、虹彩、血液型などの生体データーを集めている。

 

 中国国営の新華社通信は、衛生当局の統計として、新疆の総人口の9割に相当する約1900万人がこの「検診」を受けたと伝えた。

f:id:chaonyanko2:20181023162412j:plain

>中国メディアは、受診は本人の意思が尊重されたと伝えたが、12日付け英大手新聞社「ガーディアン(The Guardian)は地方住民らの話として、地元の共産党幹部が住民全員の受診を要求したと伝えた。 特に当局の監視に置かれる「不穏分子」らは検査を強いられたという。

 

 「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」によると、匿名の住民は、受診しなければ「共産党への忠誠心がない」とレッテルを貼られ、いやがらせを受けるのを恐れて検診を受けた。 半ば強要された形だが、この住民は、検査結果について当局から何の連絡もないという。

(中略)

 中国新疆出身の在英の元外科医エンヴァー・トフティ(Enver Tohti)氏は11月2日に台湾・高雄市で行った講演で、中国当局が「健康診断」や「DNA検査」などの名で新疆のウイグル人法輪功学習者などから生体情報を採集していることについて、合理的な理由が見つからないと指摘。

 

 トフティ氏は、こうした不合理な新疆地区住民のDNA採集について、中国移植権威で富裕層や外国人移植希望者のための移植用臓器となる「生きた臓器バンク」とし、住民を秘密裏に「ドナー登録」しているのではないかと推測を述べた。

(中略)

 中国当局は近年、相次いで全国の空港で「人体器官空輸のための緑の通路」と呼ばれる特別ルートを設けた(※上記の写真を参照)。 これに対し、トフティ氏は「どれだけの流通量があればこうした通路が必要になってくるのか。 突き詰めて考えると怖くなる」と話した。

 

 中国当局は1989年からDNA遺伝子情報を収集し始め、2015年の時点で4000万人分以上の遺伝子情報を有し、世界最大級の規模である。

 

中国ではすでに29年ほど前から「臓器移植ビジネス」をしていたということですが、こんな非文明的で野蛮な国が大好きな政治家や官僚、左翼ジャーナリストが日本にはウジャウジャいるのですから…本当に悲しくなります。

 

日本共産党はじめ、旧社会党系の議員はもちろんのこと、与党の公明党もみんな中国大好きで中国の操り人形となってますね。

また、自民党内にも結構いますよね。

 

沖縄の選挙でも、次から次へと中国寄りの人物が市長やら知事に選ばれています。

本当に情けないことです。これは、沖縄県民の多くの方々が何も知らされていない結果だと思います。沖縄の新聞社が中国共産党の傀儡になっているようです。

 

長くなりましたが、「中国の臓器狩り」について、まだまだ書きたいことがあります。

次回も続いて「中国共産党の猟奇的犯罪」について書いていきたいと思います。

最後までお読みくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

「臓器狩り」の中国共産党と交流を深める立憲民主党、国民民主党(旧民主党)

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

産経新聞2018.10.13 

【枝野氏、中国共産党幹部と面会

f:id:chaonyanko2:20181015142710p:plain

立憲民主党枝野幸男代表と国民民主党玉木雄一郎代表は12日、中国共産党の宋濤中央対外連絡部長と個別に国会内で面会した。

 枝野氏は「政党、国家間の連携を深めたい」と述べ、宋氏は「政党間交流を通じ両国の政治的基盤をより強固にしたい」と応じた。枝野氏は早期訪中の意向も伝えた。

 

中国共産党中央対外連絡部長」といえば、中国共産党の「対外工作部」ということでして、安易にかかわると日本の国益を損なうことになります。

人民網 2010.10.24

f:id:chaonyanko2:20180920161428j:plain

中国共産党から「親中派」とされるこの3人の顔を覚えていますか?

3人とも「旧民主党」の民主党を代表する方達ですね。

マスコミ…特にテレビのワイドショーの宣伝に助けられて民主党政権が誕生しました。

しかし、この3人はすでに中国共産党から唾をつけられた人達でして、この時代に日本はどんどん中国にのめり込む形となりました。

 

さて、旧民主党立憲民主党と国民民主党が、凝りもせずに中国共産党の毒牙にすり寄っています。

 

今や、世界中で中国の人権問題が問われている時というのに…

そして、「日中友好」と言いながら、尖閣諸島に侵犯したり、資源を勝手に吸い取ったりとやりたい放題の中国に「国家間の交流を深めたい」と寝言を言っております。

 

さて、どうして日本にはこんなにも「国益」を無視した国会議員が多いのでしょうか?

どうして、世界的に批判されている中国共産党と仲良くしたいのでしょうか?

凝りもせずに、こういった中共の手垢のついた汚れた人物たちに「票」を入れる国民がいるわけですから、どうしようもありませんね。

 

【蠢く!中国「対日特務工作」㊙ファイル】袁翔鳴著

f:id:chaonyanko2:20181015145619j:plain

【中国で臓器移植を受けた議員の「妻」】

 中国の情報機関にとって、外国政府要人の個人情報を集めて細かく分析し、恫喝と懐柔を使いわけながら、自分の思い通りにするのが常套手段だ。

(中略)

 実は、日本でも最近、特定の個人情報で政府要人を取り込んだ例があった。

 関西圏の選出で、大臣経験もある自民党の大物議員の妻が、都内の病院で末期の肝臓ガンと診断され、「余命は数ヵ月」と宣告された。

その数週間後、永田町の議員会館の事務所に、中国人の男が訪ねてきた。

 

 貿易会社の社長のほか、研究機関の学者の名刺も持ち、10年ほど前から国会周辺に出入りしている素性の分からない人物だ。

中国の情報部に広い人脈があるようで、議員の訪中を斡旋するなど旅行代理店的な仕事もしていた。

議員は以前、男と会合などで数回会ったことはあるが、じっくりと話したことはない。

男はいきなり用件を切り出した。

 

「ある人から聞きましたが、奥さんの病気、中国で治せますよ」

 

 日本のマスコミにもよく登場し、がんの治療などで鄧小平など中国の指導者がよく利用していた北京市内の解放軍系病院のパンフレットなどを取り出して説明を始めた。その内容は、議員の妻に適した若い肝臓を移植すれば助かる可能性が大きいというものだった。

 

「中国は人口が13億人もいる。交通事故などの死者で臓器の提供者になってくれる人はいくらでもいる」

 

 肝臓移植手術の費用は合計数百万で、議員にとって十分負担のできる金額だった。

 妻の病気のことで連日悩み続けた議員にとって、目の前に突然希望の光が差し込んだようだった。深く頷きながら男の話を聞き、彼の薦めに従って妻に中国で手術を受けさせることをその場で決めた。

 

「なぜ病気のことを知ったのか」

「提供者は死刑囚なのか」

 

 非常に気になっていたが、議員は敢えて尋ねなかった。

 議員と妻は日本の医師と相談し、治療法を確認したうえ、極秘裏に訪中した。男の手配で妻を入院させ、肝臓の移植手術を受けさせた。

手術は成功。 妻は帰国し、いまでは家事をこなすまで回復した。

 

 しばらくしてから、議員は赤坂の料亭に男を招き、謝礼を申し出たが、男は笑いながら、

「もう古い友人になったのだから、気にしなくていいですよ」

と頑なに断った。結局、男は中国への渡航費などの実費に相当する金額だけは受け取った。

 

【すでに60年以上に及ぶ対日工作】

 その後、男が議員に何らかの要請をしたかは不明だ。 しかし、この話はすでに永田町ではかなり知られている。

「あの先生は、奥さんのことで中国に頭が上がらなくなった。第2のH先生になったのではないかとささやかれている。

(以下略)

 

私は、旧民主党の重鎮だった〇氏も怪しいと思っています。

自民党時代に、重い心臓病で国会も休みがちで、よく姿を眩ませていた〇氏。

「コンチクショウ」が自民党を牛耳っていた時に、中国の「天安門事件」で世界から制裁を受けていた時代…江沢民の画策でO氏は「天皇の政治利用(天皇の訪中)」を実現させた後に、自民党を割って出ました。

 

その後、保守といわれていた〇氏は、中国共産党に操られるように…日本の国益を損なう政治をしてきました。

そして、日本中の保守陣営が驚きを隠せなかったのは、〇氏が日本共産党と手を組んだことです。 こんな恥さらしなことはありませんが、〇氏は「恥」「国益」よりも「自分第一」を選択したのだろうと思います。

いつも「死」と隣り合わせにいた〇氏が、なんと今では高齢にもかかわらず沖縄にまで飛んでいける体になり、元気に変身しているのです。

…とはいえ、そんな「悪魔」と言わしめた人物を国会に送り出しているM地区の有権者に責任はあると思います。

 

産経新聞 2017.7.28

【チャイナ“臓器狩り”日本は最大の顧客か】

f:id:chaonyanko2:20181015153647p:plain

 中国の“政治犯”の臓器が売買され、日本人を始めとした患者に移植されている。

そんな中国の“臓器狩り”の実態に詳しいジャーナリストらが今秋、中国で臓器移植を受けることを禁止する法律の制定などを目指して活動する「中国における臓器移植を考える会」を設立する。

 

法輪功信者の臓器を強奪?

 

「健康な囚人、囚人といっても反体制や政治犯の臓器を取り出して、臓器移植をしている。これが中国の共産党の大きな収入になっているそうだ」

 

 21日、参議員議員会館で開かれた同会の設立発起人会。外交評論家の加瀬英明氏は冒頭、中国の臓器移植についてこのように述べ、日本政府がこうした問題に真剣に取り組むよう求めた。

 

 発起人会では中国の臓器売買の実態に詳しいジャーナリストの野村旗守氏が「中国が公式にアナウンスしている年間の移植手術数は約1万件だが、カナダ人弁護士らが病床数や稼働率などから割り出した数字は年間6万件から10万件だった」と紹介。

 中国は臓器移植の供給源は死刑囚だと説明しているが、年間数千人とされる死刑囚の数と乖離があると指摘した。

 

 そして、ドナー(臓器提供者)として、中国で弾圧されている「法輪功」の信者や、政治犯として捕らえられたウイグルチベットなどの少数民族をあげた。

彼ら、彼女らの臓器が強制的に売られている可能性が高いという。

 

 海外で臓器を“買う”

 

 加瀬氏らは、こうした臓器売買に日本も無関係ではないと話す。

 日本臓器移植ネットワークによると、今年(2017年)6月末時点で、腎臓や肝臓などの臓器提供を待っている国内の患者は1万3450人。 多くの患者は待機リストに名前を連ねて移植を待つが、中には高額な費用を出して海外に渡航して移植を受ける患者もいる。

中国の病院の中には、日本人や韓国人を主な“顧客”と想定している病院もあるとされる。

 

 海外に移植のため渡航することを禁止する法律を持つ国もある中、日本は臓器売買を禁止する法律を持つが、渡航を禁止してはいない。 加瀬氏は「中国で臓器移植を受けている患者は日本が一番多いとも言われている。 中国で臓器移植を受けることを禁ずる法制化まで持っていきたい」と活動の狙いを明らかにした。

(以下略)

カナダ弁護士らが調査したようですが、立憲民主党の党首:枝野幸男も弁護士ですよね。悲しいことに、日弁連などは中国共産党北朝鮮、韓国の代理人になっている人が多いんですよね。

代表的なのは、社民党福島瑞穂…その夫の海渡雄一も弁護士ですが中核派ということで、特亜の代理人となって活動しています。

日本って…狂産主義に毒されていますね。

 

産経新聞 2018.1.24

【中国の臓器移植「考える会」設立】

f:id:chaonyanko2:20181015161015p:plain

>都内で開かれた発足会では、この問題を調査したカナダのデービッド・ギルガー元アジア太平洋担当相とデービッド・マタス弁護士が講演。

中国で公式見解の10倍の臓器移植が行われ、臓器の出所が少数民族政治犯であること、中国共産党主導で行われていることを突き止めたと話した。

 

 また、不法な渡航移植に保険を払わない法制改正を進めたイスラエルの心臓移植医、ジェイコブ・ラヴィ氏が「日本では海外渡航に保険が出ると聞いた。こうした動きはやめるべきだ」と指摘。

 自国での臓器移植の推進を定めたイスタンブール宣言にのっとり、国内移植を進めるよう促した。

 会は今後、中国での渡航移植を受けた日本人の情報を集め、実態解明を進める。

 

Change・Org キャンペーン

中国の臓器狩りの共犯者にならないでください

 

 

 国家の犯罪…これほど非人道的な怖ろしいことが起きている中国にすり寄る国会議員や法曹界、学会の存在を皆様どう感じますか?

長くなりましたので、続きは次回に書かせて頂きます。

最後までお付き合いくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

日本のメディアはなぜ中国の人権弾圧に寛容なのか?

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

皆様は日本のメディア…特にテレビの報道に疑問を持ったことはありませんか?

野党の都合の悪いことはなぜかスルーしているんですよ。

だから、野党がどんなに悪質であっても、優しい?国民からは「人情票」が入るんですね。

モリカケ問題」が一番いい例ではないでしょうか。

これは、悪夢の「村山談話」や「河野談話」が発せられた時代…つまり中国共産党の工作が関与した時代の「椿事件」そのまま現在まで引きずられているわけですね。

※日本の野党は殆どが“中国共産党の属党”です。

 

 

中国のマスコミ工作は日本だけではありません。

中国の工作(統一戦線工作)は、アメリカに及んでいたのです。

もっとも、この工作は戦前は旧ソ連アメリカのルーズベルト政権を作り、「大東亜戦争第二次世界大戦)」を起こさせた工作をそのまま中国共産党が受け継いでいるというわけですが。

 

読売新聞2007年9月3日

民主党へ25万ドル献金

クリントンオバマ氏含む】

f:id:chaonyanko2:20181011153821p:plain

この時期…

読売新聞2007年3月16日

【なぜ今「慰安婦問題」】

【中国・韓国系住民影響強める】

【米下院「日本への謝罪要求」採択へ】

f:id:chaonyanko2:20181011154235j:plain

f:id:chaonyanko2:20181011154559j:plain

>見逃せないのは、ホンダ議員の選挙区事情だ。シリコンバレーに位置するカリフォルニア15区は、64万人の人口中、アジア系は29%。 特に中国系や韓国系住民が急増しており、中国系の人口は、減少傾向にある日系人の5倍にも上る。

 

この地域には、著名な中国系反日団体である「世界抗日戦争史実維護(保護)連合会」の本部があり、ホンダ議員は政治資金を含め、団体の全面支援を受ける。

 

ところが!

米国のトランプ大統領は中国の卑しい工作を見抜いていたわけです。

日本ではまるでトランプ氏が「米国一国主義」で一方的に中国を責めているような報道の仕方で、中国に同情的なマヌケな方もいらっしゃいます。

 

米国が怒っているのは、中国が米国の技術を盗みまくっていたことや不均衡な貿易に対してであって、更に、中国による米国の選挙に介入工作をしていることなんです。

 

※中国が日本の政治、選挙に介入していることは、すでにご存じの方もいらっしゃいますが、まだまだボンヤリ平和お花畑の方も多いのではないでしょうか。

特に、テレビ局! NHKはじめ、全局中国共産党の宣伝工作のための放送局のような気がしてなりません。

 

そして…中国のとても人間社会には信じがたい「人権弾圧」が行われているということです。

今までのオバマ政権(民主党政権)が、親中政権だったがために、多くの人権弾圧が見逃され国家による大量殺人…臓器狩りがベールに隠されていたのです。

 

日本ではなぜ米国のトランプ大統領が「国際連合人権理事会」を批判したかを報道しませんね。

国際連合人権理事会」になぜ世界でも稀にみる「人権弾圧国」「国家による大量殺人」の中華人民共和国が加入し、理事会を牛耳っているのでしょうか?

証拠もない「従軍慰安婦問題」を引き出して日本を批判しながら、なぜ中華人民共和国の「人権弾圧」「臓器狩り」「民族粛清」などを批判しないのでしょうか?

 

米国が真剣に怒っているのに、日本のマスメディアはなぜ沈黙をしているのでしょうか?

いまこそ、「和の国」…戦前の日本人が貫いた人類平等の精神に帰り、中国の「民族粛清」「人権弾圧」「侵略主義」を正す時期だと思うのですが、「正義の味方」のはずの日本のマスメディア…特に高齢層が好きなテレビのワイドショーはこうしたニュースより、相撲がどうのこうの、芸能人がどうのこうのと、どうでも良いことしか流しませんね。

 

中国のウイグル人弾圧問題はネットでは沢山記事が出てますので、タイトルだけを載せます(因みに、中国では法輪功学習者、チベット人などの弾圧や臓器狩りも行っています)。

f:id:chaonyanko2:20181011163836j:plain

f:id:chaonyanko2:20181011163705j:plain

f:id:chaonyanko2:20181011163733j:plain

※上記の資料は2008年の北京オリンピックが開催される前に、日本の世論に訴えるための「フリーチベット」デモ行進に参加した時のものです。

アメリカなどでは、中国によるチベット人への民族浄化がテレビなどでも普通に流されていたのですが、日本では一切報道されることがありませんでした。

日本のメディアに中国の検閲でもあるのでしょうか?

左翼的な反米デモや安倍政権叩きの下品なデモは「市民団体によるデモ」と称してニュースになるのに、中国の人権弾圧や保守的なデモでは全くスルーされてしまいます。

因みに、このフリーチベットのデモ参加者にウイグル人団体や台湾の方々も沢山参加されていました。

 

 

Newsweek 2018.2.16

ウイグル「絶望」収容所―中国共産党ウイグル人大量収容所に収監している】

f:id:chaonyanko2:20181011161626j:plain

 

Newsweek 2018.3.13

ウイグル絶望収容所の収監者数は89万人以上】

 

 

 

日経ビジネス 2018.8.22

【中国新疆・ムスリム強制収容所が急速に拡大】

f:id:chaonyanko2:20181011160336p:plain

 

日テレNEWS24 2018.9.10

新疆ウイグル自治区の「人権侵害 報告書発表】

f:id:chaonyanko2:20181011160540p:plain

 

Newsweek 2018.9.12【ウイグル族を「QRコード」で管理する中国】

f:id:chaonyanko2:20181011160720p:plain

 

REUTERS 2018.9.12

国務省、中国のウイグル族弾圧に「深い懸念」 制裁を検討】

 

AFP 2018.9.10

ウイグル人100万人拘束疑惑の中国に「国際制裁を」人権団体】

f:id:chaonyanko2:20181011161237p:plain

 

産経新聞 2018.9.15

【新疆に強制的な教育施設 中国治安当局、存在認める】

f:id:chaonyanko2:20181011161330p:plain

 

Bloomberg  2018.10.4

ウイグル族への弾圧を強める中国】

f:id:chaonyanko2:20181011161848p:plain

 

NEWSポストセブン 2018.10.6

【中国「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見】

f:id:chaonyanko2:20181011162047p:plain

 

まだまだお伝えしたいことが山ほどあります。

続きは次回書かせて頂きます。

 

最後までお読みくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

沖縄知事選で思うこと

今日もお立ち寄り有難うございます。

 

産経新聞2018.10.1

【沖縄知事に辺野古反対派 翁長氏後継・玉城氏が当選】

f:id:chaonyanko2:20181002150407p:plain

>玉城氏は選挙選で「辺野古に新たな基地は造らせない」と訴え、埋め立て承認を撤回した県の判断を支持して革新票を固めた。

 

 

「おめでとうございます」と素直に言えないのは私だけでしょうか?

玉城氏を応援したのは「オール沖縄」ということで、「無党派層」「女性」達の票が玉城氏勝利へと繋いだようです。

 

辺野古に基地を造らせない」「沖縄に米軍基地はいらない」というのが、彼らの主張だということで、これは中国共産党の願いが叶ったということですね(苦笑)。

 

アゴラ 2018.9.15

f:id:chaonyanko2:20181002230226p:plain

※中国では「沖縄解放」「琉球回収」などと言ってます。

沖縄の皆さん、中国国民になりたいですか?

 

沖縄から米軍基地を無くして、防衛の方は大丈夫なのでしょうか?

南シナ海から米軍が撤退した途端に、中国が南シナ海を侵略して実行支配しているのは、皆様はご存じないのでしょうか?

【2018.2.15 米軍撤退後に中国軍に占拠された南シナ海

尖閣諸島に石油が埋蔵されていると知るや、「尖閣諸島、沖縄は中国の領土」と領海侵犯を続けているのを皆様ご存じでしょうか?

 【2018.8.17 怖ろしい沖縄デモの正体】

まさか、自分たちの目の前で行われている中国のあからさまな侵略行為が見えてない?

f:id:chaonyanko2:20181002151955p:plain

※赤線=確認隻数(延隻数/月)領海内

※青線=確認隻数(延隻数/月)接続水域内

 

産経新聞2018.9.29

東シナ海 また中国掘削船 6月以来、試掘準備か】

f:id:chaonyanko2:20181002163107p:plain

 >東シナ海日中中間線付で中国が一方的に進めるガス田開発をめぐり、中国が新たに移動式掘削船(リング)を設置したことが28日、外務省への取材で分かった。

>中国による一方的な開発が進んでいる。中国側は中間線の中国側に16基のガス田掘削施設を設置している。

 

玉城氏は元民主党員ですので、「民主党沖縄ビジョン」の「中国の一国二制度」を推進していくつもりなのか?

【2018/1/20 危険な民主党『沖縄ビジョン』】

台湾の金門島のように「小三通」を推進させれば、沖縄が潤うと思っているのでしょうか?

 【2018.2.6 血を流さない侵略「小三通」】

 

しかし…

一国二制度」の香港では今、大変なことになっていますよ。

f:id:chaonyanko2:20181002152802j:plain

>政府への不満を訴える市民らを弁護したことで逮捕される。

f:id:chaonyanko2:20181002152827j:plain

>この(見せしめにする)やり方は1年ほどの間に香港メディアでも始まった。

f:id:chaonyanko2:20181002152859j:plain

>真相を報道したり政府を監視するようなメディアは少ない

 

…とまあ、日本も同じようものですけどね。

日本の場合は、中国共産党の都合の悪い安倍政権の悪口三昧ですけど。

極左総評系から支援を受けているような「革新系(共産主義系)」の野党のことは、ダンマリしています。

 

沖縄では、日本共産党の「赤旗新華社通信、人民日報)」を参考にしたような「琉球新報」や「沖縄タイムス」という媒体が沖縄県民の脳みそを支配しているようです。

 

共産主義」とは「愚民化政策」みたいなものですから。

 

中国共産党は日本の「民主主義」を利用して、日本人の「愚民化」を謀っているんですね。

今回の沖縄県知事選の結果には、ちょっと私どもには理解できないのですが、これも「民主主義で選択した民意」の結果なのですから仕方ありませんけどね。

 

それでも…沖縄県民の気持ちも分からないでもありません。

日米地位協定」の「不平等」には、沖縄県民の怒りは大きいと思います。

 

この「不平等」に対しての県民の怒りを、「オール売国野党」が利用しているわけです。

政府与党も、「不平等を解決します!」と県民に誓ったらどうでしょうか?

沖縄にいくらお金を落としたところで、そのお金は左翼の懐に入る(本土にいる左翼が軍用基地の土地を一坪ずつ購入しているため、政府からの借地使用料は「一坪反戦地主会」の懐に入る)だけなのですから。

 

【一坪地主 Wikipedia】より

f:id:chaonyanko2:20181002223341p:plain

社会党役員のそうそうたる名前がある。天下の政党がそんなことをやるとは夢にも思わなかっただけに脅威だった。

 

社会党よど号ハイジャック犯とも連絡を取り合っていました。日本を貶めるためなら何でもやる政党でした。村山政権では「村山談話」なるものが出されて、以後、日本は中国や韓国から恫喝されております。

また、「北朝鮮による拉致は右翼勢力のデマ」とも言い張って、北朝鮮擁護に走ってました。

…その後継政党が「社民党」「立憲民主党」なんです。

 

f:id:chaonyanko2:20181002223751p:plain

※沖縄の軍用地なのに、購入者が「関東ブロック」「関西ブロック」となってますね。

社会党の支持母体「総評(日教組自治労など)」の組合員が購入しているという話も聞いてます。

沖縄は極左に食いものにされていますね。

因みに、現在、「総評系(日教組自治労)」は立憲民主党支持となっています。

 

 

沖縄県民が潤うわけではないのですから、沖縄県からしたら「不満」しかありません。こういう“不都合な沖縄の真実”を、オールドメディアはどうして報道しないのでしょうか?

 

政府与党が事実ありのままに

「中国が沖縄を自分たちの領土だと言い張り、尖閣諸島に埋もれている資源を漁りに来ています。 近年、領海侵犯も著しいために日本政府としても、“憲法9条”に縛られているために、反撃することもままならないので、米軍に頼るしかありません。 沖縄の皆様にはご負担をお掛けして申し訳ございません。 何とか“地位協定の見直し”で、“不平等”を無くすように頑張っていきます。 政府が負担している借地料は反戦平和団体の活動家のところに行って、沖縄住民の皆様のところに回っていない状態です。これも何とか是正して参りたいと思います。」

…とか、はっきりと言ったらどうでしょうか。

 

ところで、玉城氏に問いたいのだけど…

「米軍基地」を無くしたら…「米軍基地」で働いている人達の再就職はどうなるのでしょうか?

「米軍基地」周辺の米軍相手の商店は、どうなるのでしょうか?

「中国の軍艦」が沖縄に寄港したらどうするのでしょうか?

沖縄県民の「安全」と「財産」をきっちり守ることが出来るのでしょうか?

 

玉城氏が習近平に「三跪九叩頭の礼」をすれば良いというものでは済まされないんですけどね。

立憲民主党が先祖返りした&正気か?沖縄…】

玉城氏って、女性受けのいい顔をしていますが…

政治家としての頭は良くないと思いますよ。

 

※今回、青文字のところはリンクしておりません。日付けを開いてみて参考にしてください。<m(__)m>

 

最後までお付き合いくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

韓国大統領は「痴呆」なのか?

今日もお立ち寄り有難うございます。

前回【韓国が日米に捨てられる日が近づいている】の続きで、今回も韓国・文在寅大統領について書いていきます。

 

産経新聞2018.9.23

【文大統領は北で何を見たのか】李宗哲・龍谷大教授 寄稿

f:id:chaonyanko2:20180925133318p:plain

> 9月19日、北朝鮮が誇るマスゲームを鑑賞するため、平壌メーデースタジアムを訪れた韓国大統領、文在寅は、15万人の平壌市民らの歓呼に演説でこう応えた。

「私は平壌の驚くべき発展を見た」

 18日の平壌到着後、オープンカーから見渡した黎明通りに立ち並ぶ超高層マンションを念頭にそう言ったのだろうか。

(中略)

 もしくは金正恩の執務室のある党本部庁舎を訪れたとき、車に乗ったまま入ることのできる、大理石の床にシャンデリアが輝く玄関を見てそう感じたのだろうか。

(中略)

 独裁者は例外なく大きな建造物を好むという解釈だろう。古くは中国の秦の始皇帝、そして旧ソ連スターリンがそうだった。自分の権威と力を誇示し、人々に畏敬の念を抱かせるためだ。平壌の代表的な建造物はほとんどソ連をまねたものだ。

 

 文は19日の演説で「私は金正恩委員長と北朝鮮人民がどのような国を造ろうとしているかを胸を熱くして見た」とも述べた。

 

 金正恩がこれからどのような国を造るつもりかは不明だが、いままでどのような国を造ってきたかは外部にも知られている。

 

 政治犯収容所が辺境にまだ存続することは衛星写真でも確認されている。3万人を超える住民が命の危険を顧みず脱出した国である。

 

 18日の夕食会の演説で文は、破格の歓迎ぶりに感動したのかこう切り出した。

金正恩委員長と私は仲の良い恋人のように、共に手を握って軍事境界線を行き来した間柄だ」

 

 北朝鮮テロ支援国家であり、金正恩はその国の指導者であることを、文はさっぱり忘れてしまったのかもしれない。 (以下略)

※「赤文字」の「大理石の床」は、日本共産党の本部(代々木)も大理石の床だそうです。共産主義者は本当は「ブルジョア思考」なのでしょうね。

 

ガリガリにやせ細った北朝鮮の若い兵士が韓国側に亡命しようとして、板門店で銃で撃たれた話はまだ記憶に新しいですよね。

きっと…文はルーマニア・元大統領のチャウシェスク(元ルーマニア共産党書記長)のように“さっぱり忘れていた”のだろうと思います。

 

チャウシェスク北朝鮮を訪問してマスゲームの歓迎を受けて感動したと言いますからね。 そして、自分も金王朝のような独裁者になりたいと夢見たのでしょう。

その末路は、夫婦で「蜂の巣」状態となってしまうのですが…

文には理解できないだろうねぇ…あの顔を見ればわかりますよね…

 

北朝鮮旧ソ連中華人民共和国顔負けの「ジェノサイド」を続けてきた国です。

 

共産主義黒書 ―犯罪・テロル・抑圧―〈コミンテルン・アジア篇〉】

ステファヌ・クルトワ ジャン=ルイ・パネ  ジャン=ルイ・マルゴランン著

f:id:chaonyanko2:20180927144243j:plain

>被告14号

 

 囚人たちの上着の背中にはそれぞれ大きな番号が縫い付けてあった。最も重要な被告は1で、あと重要度にしたがって14号まで番号をつけられていた。

 

 被告14号はソル・ジョンシクだった。

 私にはほとんど彼が見分けられなかった。かつての情熱的で美しかったその顔は暗く、疲労と諦めをただよわせていた。 その暗鬱でやや切れ長の目からは輝きがすっかり消えていた。 彼の動作はロボットのようだった。

 (中略)

 被告のなかには、高位の役人が少なからずいた―とりわけ、共産党中央委員会の書記の一人、李スンヨブ、内務部の白享福、文化・宣伝副相の趙一明である。

 ソルはこのグループのなかではむしろ“ざこ”だった。

多くは朝鮮南部の出身だった。

(中略)

 処刑がどのくらいの数にのぼるかは分からないが北朝鮮の刑法から参考になる指標が引き出せるかもしれない——死刑をもって罰せられる犯罪は47をくだらないが、それは以下の分類できる。

(中略)

  処刑の際、群衆は協力的な態度をとるように勧められ、その結果、叫び声や侮辱の言葉を発して判決言い渡しを迎え、投石することさえあるという。

時にはリンチまでが奨励され、群衆がスローガンを叫ぶなかで、死刑囚は死ぬまで殴られる。

(中略)

 リ・スンオク夫人は労働党員で、幹部専用の必需品供給センターの責任者だった。

定期的に行われる粛清の犠牲者として、彼女は他の同志とともに逮捕された。

長時間、水責めと電気による拷問を受け、殴られ、睡眠を奪われ、ついに要求されるまま、とりわけ国家の財産を横領したと自白し、13年の懲役刑を宣告された。

 

公式には刑務所という言葉は使われていないが、それはまさしく刑務所であった。

2000人の女性を含む6000人の囚人は、この懲罰用複合施設のなかで、朝5時半から真夜中まで獣のように働き、スリッパ、ピストルのケース、バッグ、ベルト、爆薬用の雷管、造花などをつくらされた。

妊娠した受刑者は手荒な堕胎を強制された。 刑務所内で生まれた子どもみな、有無を言わさず窒息死させられる、あるいは喉を搔き切られたものだ。

(中略)

 高く張り巡らされた有刺鉄線、獰猛なドイツ・シェパード、武装した看守、周囲にひろがる地雷原。 食料は不十分きわまり、外界からの孤立は完璧で、労働(毎日約十二時間に及ぶ鉱山や採石場での作業、灌漑水路の間削、木材伐採と、その後に加わる二時間の「政治教育」)は過酷だ。

 しかし、ここで飢えこそが最悪の責め苦であるから、受刑者はどんなことをしてでも、蛙やネズミやミミズを捕まえて食べるのである。

(中略)

さらには、監視兵の射撃訓練用の生きた標的としてさえ、受刑者が使われることである。 加えて、拷問や性的暴力なども、北朝鮮における受刑者の生活のなかで最も衝撃的な側面のうちに数えられるものといえよう。

 

 さらに付け加えられるべきは、責任は家族全体に及ぶものだという、体制の断定であろう。家族のうちたった一人が有罪判決を受けただけで、その全構成員が、それも多数にのぼる一家が、現に収容所に入れられている。

(中略)

国を脱出した青年、姜哲愌(カン・チョルファン)は、9歳の時に収容所に入った。

1977年のことだ。

彼は父と兄弟のうちの一人と、そして祖父母のうちの二人とともに拘禁されていた。

なぜなら、京都の在日朝鮮人団体の元責任者だった祖父が、資本主義国での生活に甘すぎる言辞を吐いたとして、1977年に逮捕されたからであった。

 

 15歳になるまで、カン・チョルファンは収容所内で子ども用の規則にしたがって生活を送った。 朝は学校で、特に民族の天才、金日成の生涯を教えられ、午後は仕事(雑草とりや石拾いなど)というのが日課だった。

(中略)

安明哲(アン・ミョンチョル)という名のこの証言者によれば

(中略)

 「独房で彼らはひざを折り曲げた脚と尻のあいだに太い木片を結わえつけられ、このようにしてひざまづいたまま放置される。血の循環が悪くなるため、ついには全般的な衰弱が引き起こされ、かりに釈放されたとしても、彼らはもう歩くことができず、数か月後には死にいたるであろう」

(中略)

 処刑をするのはだれか? その選択は公安係官の裁量にまかされていた。 彼らは手を汚したくない時は銃殺し、断末魔の苦しみを見たい時はゆっくりと時間をかけて殺した。 こうして私は、棒による殴打や投石で、あるいはシャベルを使ってでも殺すことができることを知った。

 時には、ゲームのように、目の玉を狙う射撃競争をして囚人を殺すこともあった。

処刑される者同士を戦わせて、殺し合いをさせたこともあった。

 (…)私はこの目でむごたらしい殺され方をした死体を何度も見たことがある。

なかでも女性が穏やかに死ぬことはめったにない。

ナイフで切り裂かれた乳房、シャベルの柄をつっこまれた生殖器、金槌でへし折られた首(…)。

 収容所では月並みきわまることだった。

(中略)

毎日平均4人から5人が死んでいった。 飢えや事故から、あるいは…処刑されて。

(中略)

なかには、囚人をむりやり有刺鉄線に登らせる者もいた。そうしておいて発砲し、脱走者を捕まえたふりをするのだ。

 看守以外にも、犬も政治犯を監視していた。非常によく訓練されたこの恐るべき動物は、殺人機械として使われていたのだ。

1988年7月、第13収容所で二人の囚人が襲われたとき、あとに残ったのは囚人たちの骨だけだった。

1991年にも、15歳の少年二人がこれらの犬に貪り食われたことがある。

 

 アンは、看守長と第13収容所の他の二人の基幹要因のあいだの会話を耳にしたと断言している。

ナチス絶滅収容所だけのことと思われていたやり口が話題になっていたのだ。

そのうちの一人である副分隊長が言った。

 

「同志、私は昨日、第三局の煙突から煙が出ているのを見ました。 死体を圧縮して脂肪を搾り出しているというのはほんとうですか?」

 

 看守長は、丘の近くの第三局のトンネルに一度行ったことがあると答えた。

 

 「そこは血の臭いが」して、壁には髪の毛が貼りついていた…。 その夜は眠れなかったよ。 お前が見た煙は、犯罪者の骨を償却している煙だ。 けれど、誰にも言うなよ。 でないと後悔することになるぞ。 お前だって、いつ頭に黒いマメ(銃弾のこと)をくらうかわかったものじゃないからな」

 

 他の看守のなかには、収容所で行われている実験、たとえば、囚人の肉体的抵抗力を研究するため、飢え死にするまで放っておくような実験のことをアンに話してくれた者もいた。

 

アンによると、

 「こういった処刑や実験の担当者は人を殺す前に酒を飲んだものさ。 しかし、今では彼らも本物のエキスパートになっている。 囚人の頭の後ろを金槌で殴ってみる。 すると、不幸な連中は記憶を失ってしまう。 この半死人を射撃練習の生きた標的にするのだ。 第三局が実験材料に不足すると、“カラス”というあだ名の黒いトラックが新しい材料を探しにやってきて、囚人のあいだに恐怖をまき散らす。 カラスは月に一度は収容所に来て、40人から50人を連れ去るのだが、行き先はわからない…」

(中略)

 ここでいったん列挙を中断し、党内の粛清についてと同じように、ごくおおまかな見積もりだけをしておきたい。

 第22収容所に収容されているのは、1万人であり、証言者の推定によると、毎日5人が死んでいるわけだし、これに北朝鮮強制収容所の被拘禁者の総数が20万人前後あることを考慮に入れれば、死者の合計数は一日で100人、一年で3万6500人に達することになる。

この数字に45年間(1953年―1998年の時期)をかけて得られる合計約150万人の死者について、朝鮮共産主義は直接責任があるわけだ。(以下略)

 

※「赤文字」で示した文章は…「朝鮮総連日本共産党関係者」という意味が含まれています。

【金天海】Wikipediaより

f:id:chaonyanko2:20180927170101p:plain

※朝鮮南部(現韓国)出身で、元日本共産党中央委員、中国共産党の意向に従い朝鮮総連を結成、北朝鮮に渡って粛清されたといわれています。

【「血のメーデー事件」1952年5月1日】

 

また、「女性の処刑方法」については、「通州事件」で日本人が中国人に虐殺された方法と同じであり、韓国の「保導連盟事件済州島四・三事件など)」の処刑方法と全く同じです。

これは、中国大陸に残る伝統的な虐殺方法です。

 【鬼畜のごときの通州事件(1)】

 【民団が仕掛ける反日工作】

長い文章になりましたが、脱北した証言者達は現在「韓国」在住なんですよ。

それが、なぜ、韓国の文大統領はニコニコとした顔で「私は金正恩委員長と北朝鮮人民がどのような国を造ろうとしているかを胸を熱くして見た」「金正恩委員長と私は仲の良い恋人のように、共に手を握って軍事境界線を行き来した間柄だ」と、恥ずかしげもなく言えるのでしょうか?

 

精神的破綻者じゃなくては出来ない所作ではないでしょうか。

 

最後までお付き合いくださいまして有難うございます。

リンクフリーの記事です。皆様のお役に立てれば幸いです。

※誤字、脱字が多々あると思いますがご容赦願います<m(__)m>